イベント・講座一覧/ブログ一覧

今年で、第4回目。「保津峡de大お茶会」を開催しました。

2019/05/14

保津川の歴史と文化を体験を通じて学んでもらったり、環境保全活動も行ってもらったり、もっともっと保津川を好きになってもらおうという企画「保津峡de大お茶会」をまいまい京都とのコラボにより開催しました。

お天気の中、5月の新緑に包まれての開催、今回で第4回目となりました。

遠くは福島県からもご参加頂きました。

第4回保津峡de大お茶会参加者
保津峡de大お茶会 参加者のみなさん

貸切船で保津川を下ります。途中、岸に船を着けて「保寿泉」の水を汲み、トロッコ保津峡駅で昼食をとりました。 通常、保津川下りでは途中下船をすることはできませんが 今日は特別です。

観光客を乗せた保津川下りの船が下っていくの眺めながらのランチタイム。
昼食は、京懐石・雅 の特製お弁当。若鮎の押し寿司はじめ、地元の特産品がたくさん入ったお弁当です。

京懐石・雅の西田浩二さん特製のお弁当

昼食の後は、環境保全活動として清掃活動を行うとともに、 水辺のごみ見っけ! を行いました。

レジ袋は、17袋でした。船頭さんによる清掃活動の後だったので、ペットボトルや飲料カップはありませんでした。なお、19人で清掃活動を行い、回収したごみは20L土囊袋15袋でした。

昼食の後は河原お弁当

清掃活動の後は、 裏千家・ 守屋實智子さんによるレクチャー付野点茶会です。

お茶菓子は聖護院八ツ橋さんのnikinikiのスペシャルバージョン。河童が今日は船頭さんに扮して傘をかぶっています(ちなみに傘を取るとちゃんと河童のお皿があります!)


聖護院八ツ橋さんの特製のお茶菓子

新緑の5月に保津峡で特別な体験。参加者の皆様に喜んで頂けたでしょうか。ご参加ありがとうございました。

また、ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

まいまい京都の2019年度の参加者募集ページです。
【保津峡】貸切スペシャル保津川下り☆船でしか辿り着けない絶景へ

皆さんはどんなグループに所属していますか?BBQごみ一掃作戦2019より

2019/05/09

会社、サークル、NPO、ボランティア団体、スポーツチーム、習い事、家族や友達。

考えてみると私たちはいろいろなグループに所属しています。

人は集団に所属することで成長することができます。

グループの中の一人が新しいことを学び、まわりに伝えるとグループ全体の人が賢くなることができます。(社会的相乗効果)

BBQごみは、以前に比べて減りました。

BBQごみ一掃作戦で回収されたごみ

今年のBBQごみ一掃作戦では、10日間で134人の方にご参加いただきました。

期間中、全部で20L土嚢袋127袋(かさ容量2.5トン、重さ約200kg)のプラごみと、タイヤやテレビなどの粗大ごみを回収することができました。

あわせて4/28~5/5に全国川ごみネットワークの「水辺のごみ見っけ!」調査を行ないました。

レジ袋405枚、ペットボトル180本、カップ型飲料容器20本が見つかりました。

回収されるレジ袋の数が、想像より多く驚く結果となりました。

BBQで出るごみは、以前に比べて減ってきたという印象です。今年のBBQごみ一掃作戦では、その分時間ができて、他のごみを回収することができました。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

人は所属するグループにひっぱられる

グループには、それぞれの道徳的規範があります。家族には家族の会社には会社のスポーツチームにはチームの 道徳的規範があります。

そのグループの中にいると、それが当たり前のことだと無意識に思ってしまうことがあります。

河原に置き去りにされたBBQコンロ

BBQを楽しんだ後に、コンロや網を河原に放置して帰るグループに所属していると、それが普通のことのように思えてしまったり。。。

自分達が楽しんだあとに、河原にごみを残して帰っても、平気だったり。。。

パレットでたき火をした後に残された釘

パレットでたき火をすると釘が残されること、もしかしたらその釘で怪我する人がいるかもしれないことを想像できなかったり。。。

皆さんは、どんなグループに所属していますか?

考える機会を与えてくれるグループに所属しているお子さんはとても幸せだなと思います。

今朝は娘と保津川の清掃活動へ🌞 残念なBBQゴミ。 自分の都合でゴミを置いて帰る人。 来たときよりも美しくして帰る人。 美しい自然に感謝して守りたい人。 いろんな人がいる。 娘は何を感じたかな?

山本 美紀さんの投稿 2019年5月6日月曜日

人は所属するグループによって、より成長することができます。

その逆に、所属するグループによって、無知、無関心になってしまうこともあるでしょう。

BBQごみを残していくグループに、お子さんが所属していたら、いたたまれない気持ちになります。

自分は、どんなグループに所属しているのか?

そのグループにこれからも所属していてもいいのか?

BBQの後に、ごみやコンロ、網などを残していく人がいるということを知ることで、考えてみる機会にもなるものですね。

イベント・講座 カテゴリ