イベント・講座一覧/ブログ一覧

2021年最初のクリーン作戦。第135回クリーン作戦を亀岡市篠町山本浜で開催しました。

2021/01/26

2021年1月17日(日)、亀岡市篠町の山本浜にて第135回クリーン作戦を開催しました。

今年最初のクリーン作戦です。

コロナ禍ということもあり、参加者、スタッフ共々に濃厚接触にならないよう一定の距離を取り、十分な配慮をしての開催となりました。

プロジェクト保津川では、昨年11月に、シンポジウム「川から考えるみんなの未来」を開催しました。

亀岡市では、本年1月1日より有料無料関係なくプラスチック製レジ袋の提供が禁止されました。

環境問題に対する関心も高まっており、今回のクリーン作戦にも早朝から46人の方に参加して頂きました。

今回の開催場所山本浜は、保津峡の入り口となる場所にあります。昔はここから保津川下りの船が出発していました。現在は、ラフティングのボードが出発しています。ちょうどトロッコ亀岡駅の裏側になり、京馬車もここから出発ます。保津川に面するように広場があり、季節の良い時には人が集う場所です。住宅街から保津川へ注ぎ込む鵜ノ川の河口もこの場所にあります。


第135回クリーン作戦開始

簡単な挨拶の後、さっそくクリーン作戦がスタート!

草むらでごみを拾う人、河原に下りてごみを拾う人、できるかぎりの場所で、それぞれ無理のないようにごみを拾いました。

1時間ぐらいの活動ですが、それでもたくさんのごみがどんどん集まります。

最終的に、今回これだけのごみが集まりました。

20ℓの土嚢袋に埋め立てごみ27袋分、資源ごみが8袋分。

バーベキューコンロが1台、BBQでつかったであろう網が4枚。

アサヒビールケースの1個、塩ビパイプが1本、 発泡ケースが4、シートが2、カバンが1個。

人間の活動が、この場所や保津川にこ大きな影響を与えていることがわかります。


亀岡市のプラごみは、どんどん減っていきます。

クリーン作戦でも、たくさんの粗大ごみが拾われるので、そちらに目が行きがちです。

プラごみは容積が少ないので、写真なると少量のように思えます。

でも、その場で拾ってみると感想は大きく異なります。

容量が少なくても、小さくなったマイクロプラスチック状のごみをたくさん目にすることになるからです。

プラスチック類は軽くとても流れやすいという特徴があり、環境への負荷はとても大きなものです。

川や海洋に流出すると、自然界への影響がとても大きいのです。

少ないと思う量でも、その流出は、ここ亀岡からだけではありません。日本全国、世界の国々の河川から、ペットボトルやレジ袋を中心に流出しています。

その量を想像すると、自然界で暮らす動植物にとっては、たまったものじゃありません!

亀岡市では、昨年から優良でのレジ袋の提供が開始され、本年よりレジ袋の提供が完全に禁止されました。

プロジェクト保津川では、さまざまな組織や団体と連携し、これまでもプラごみの流出を防ぐ活動を行ってきており、河川付近で拾われるごみは年々少なくなっています。

レジ袋の提供禁止で、亀岡市で捨てられたり、亀岡市から川や海に流出するプラごみは確実に減ります。

すごく大きなことです。


これからは、どんどんごみを減らしていく時代。

亀岡市は、レジ袋の提供を禁止した最初の都市です。

最初の都市というのは、日本国内でということです。世界では、すでに多くの国や都市がレジ袋の提供を禁止しています。

それでも、亀岡市はプラごみ問題に関して、日本ではトップランナーです。

ヨーロッパでは、数年以内にプラスチック製の包装や、1回しか使わないプラスチック製品を減らしていこうという流れになっています。

その流れは、遅かれ早かれ日本にも入ってきます。

コロナ禍で、人々が家で過ごす時間が増え、プラごみだけでなく、粗大ごみや資源ごみの回収が増えているそうです。

どこのごみ回収場所を見てもたくさんのごみ袋が目立ちますよね。

ヨーロッパの流れが入ってくると、これからはどんどんごみを減らしていくという場面に突入していくことになりそうです。

トップランナーである都市に住むからこそ、ごみを減らしていく必要性にも容易に気づきやすいはずです!

ごみが減るといいことだらけだそうです。

環境は良くなるし、ゴミ回収にかかる費用も削減できます。

削減できた費用は、他の別のことにかけられるというわけです。

風が吹けば桶屋が儲かるではありませんが、たくさんの相乗効果があるはずです。

ごみを減らしいくことはメリットだらけです。

日々小さいなことに目を向けて、ごみを減らす工夫をする。

トップランナーとして、これからも先を走り続け、社会の雰囲気を変えていけるといいですよね。


2月の保津川クリーン作戦は?

2月は、2月21日(日)に亀岡市篠町の西川にて開催しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

今年最後、第134回クリーン作戦を亀岡市保津町の愛宕谷川で開催しました。

2020/12/23

令和2年12月20日(日)、京都府亀岡市保津町の愛宕谷川にて、第134回クリーン作戦を開催しました。

愛宕谷川は、保津町内の山から流れはじめ、保津町内を通って、保津川へと流れ出す一町だけを通る地域密着の川です。

街の中を流れる雨水溝は、愛宕谷川に直結しており、街中の環境が川にダイレクトに出る川でもあります。

遠くに見える愛宕山は雪をかぶっており、冷え込む朝でしたが、個人の参加、宗教法人大本、亀岡市役所、京都橘大学、南丹清掃(株)、ふるさと清掃運動会事務局、保津町自治会などの団体参加を含め、全部で35人の方に参加して頂きました。

愛宕谷川は、プロジェクト保津川が当初クリーン作戦を始めた頃に比べ格段ときれいな川になりました。

今回は、20L土囊袋×20袋のプラごみやタイヤ、バッテリー、塩ビパイプ、ホースなどを回収することができました。

早朝よりご参加ありがとうございました。


本年行ったクリーン作戦は、全8回

令和2年、プロジェクト保津川では、第127回から今回の第134回まで、全8回のクリーン作戦開催しました。

うち3月の第128回と、4月の129回は、コロナウイルスの感染拡大防止のためスタッフだけで行いました。


第127回1月19日(日)篠町山本浜

令和2年最初のクリーン作戦でした。

参加者:21人

回収ごみ:20L土嚢袋×18袋、ソファー×1、自動車のドアの内張×4(1台分!)、鉄筋


第128回3月1日(日)保津大橋周辺

当日は、保津川の日と 桂川流域クリーン大作戦の日でしたがコロナウイルスの感染拡大防止のため中止となり、スタッフと有志の皆さんだけ行いました。

参加者:15人

回収ごみ:20L土囊袋×45袋他


第129回4月12日(日)雑水川下中島橋付近

コロナウイルスの感染拡大防止のため中止となり、スタッフだけで行いました。

参加者:6人

回収ごみ:20L土囊袋×13袋


第130回6月21日(日)篠町山本浜

自粛明け最初のクリーン作戦でした。

参加者:68人!

回収ごみ:20L土囊袋×22袋、そのほかBBQ網

水辺のごみ見っけ!」調査:ペットボトル×127本、カップ型飲料容器×23個、レジ袋×121枚


第131回7月12日(日)篠町西川

篠町自治会、西川左岸ふれあい会(篠町自治会)の皆さんといっしょに活動しました。

参加者:126人

回収ごみ:20L土囊袋×26袋他


第132回9月21日(日)宇津根橋周辺

エストニアのNGO「Let’s Do It!」が提唱し世界一斉に清掃活動を行う「World Cleanup DAY 2020」に合わせの開催しました。

参加者:55人

回収ごみ:20L土囊袋×38袋、その他にプレコンバッグ、扇風機、バッテリー

水辺のごみ見っけ!」調査:ペットボトル ×138本、カップ型飲料容器×16本、レジ袋103枚


第133回9月21日(日)篠町西川

篠町自治会の皆さんと、再び西川にて活動しました。

参加者:143人

回収ごみ:20L土囊袋×24袋他


第135回12月20日(日)保津町愛宕谷川

今回開催した今年最後のクリーン作戦です。

参加者:35人

回収ごみ:20L土囊袋×20袋のプラごみやタイヤ、バッテリー、塩ビパイプ、ホースなど

その他、5月のゴールデン・ウィークには、保津大橋周辺で、BBQごみ一掃作戦も行っていました。


令和2年のクリーン作戦全8回で、回収した20L土囊袋数は?

206袋でした。

保津川と、それにつながる海に流出するはずだったごみを土嚢袋206袋分も回収することができました。

たくさんの方のご参加と支援のおかげです。

人にとっては、ただのごみかもしれませんが、自然界に流れ出すと動植物にとっては脅威です。

それが、まわりまわって人にも影響することがわかってきています。

毎回言いますが、川でごみを拾うのはほんとにたいへんです。

捨てないのが一番です。

次に、町中で見かけたら、川に流れ出す前に拾ってください。

来年もクリーン作戦へのご参加よろしくお願いします。


亀岡市内では、来年1月1日からレジ袋の提供が禁止されます。

令和元年年8月20日から亀岡市内で開始されたレジ袋の有料化。

令和2年7月からは、全国的にもレジ袋が有料化されました。

来年の1月1日からは、レジ袋の有料化終了し、亀岡市内では一切のレジ袋の提供が禁止されます。

最近、亀岡市を取り上げる報道を見ると、亀岡市の前に、環境先進都市という冠が付き、環境先進都市亀岡市と紹介されているのを見かけます。

これまでの取り組み、レジ袋の提供禁止が全国的に注目を集めているということだと思います。

人口約9万人の小さな市が時代をリードしています。

クリーン作戦で、ごみとしてレジ袋を拾うことがなくなる日も近いのではないでしょうか。

プロジェクト保津川では、今後もクリーン作戦続けていきます。

しかし、いつの日かクリーン作戦事体必要なくなる日がくればいいとも考えています。

それでは、皆さん来年もよろしくお願いいたします。

イベント・講座 カテゴリ