イベント・講座一覧/ブログ一覧

2020年2月15日(土)、16日(日)活動報告 西川清掃 まいまい京都ツアー 第15回環境教室

2020/02/17

今週末のプロジェクト保津川の活動はもりだくさんでした。

臨時クリーン作戦 亀岡市篠町西川

2020年2月15日(土)に亀岡市篠町の西川にて臨時のクリーン作戦を行いました。前日の夜にFacebookで呼びかけただけでしたが、9人の方に参加して頂きました。

今朝は篠町を流れている西川をお掃除。昨夕、Facebook限定で呼び掛けたにもかかわらず、9人も集まってくださり、1時間ほどのごみ拾い。20L土囊袋×19袋、トロ箱3つ、飲料容器回収ボックスのフタ、自動車のラゲッジマットなどを回収しました。ありがとうございました!

プロジェクト保津川さんの投稿 2020年2月14日金曜日

季節的な要因と、国内でのコロナウイルス発生が起因しているのか、他の季節では目立たないマスクがごみとして目立ちました。

最近のマスクは合成繊維でできており、プラスチックごみの要因になります。

西川は、以前はごみの多い川でしたが、毎年清掃を重ねきれいになってきましたが、住宅街を通る川ということで住む方のモラルが試される川です。


まいまい京都  【ジビエ】男前猟師が仕留めた獲物で、Let’sジビエパーティ!
~築300年の武家屋敷で、野趣あふれる料理に舌鼓~ を開催

当団体代表の原田がガイドを務め、まいまい京都のツアーを開催しました。

保津川下りの船頭さんでもある猟師の山内さんに猟のことや獲物のこと 昨今の狩猟をめぐるお話しや山の環境の変化 のことを聞きながら、へき亭にてジビエを堪能しました。

  • 20200216まいまいツアーの様子
  • 20200216まいまいツアーの様子
  • 20200216まいまいツアー感想

ツアーには、20人の方が参加されました。皆さん、普段なかなか接することのない猟師さんと話をしたり、ジビエ料理を食べたりとツアーにご満足いただけた様子でした。


第15回環境学習 「亀岡の山と川と農と人と語り恵みを楽しむ」

毎年開催している環境教室も今年で第15回となりました。

プロジェクト保津川では、清掃活動のほかにも研究機関や教育機関とも提携し環境教室や、野外観察会などにも力を入れています。

今回は、亀岡で古くから食されてきた特産物に関する生産者や専門家、会員の皆さま、KIRIcafeのスタッフさんに集まって頂きました。地元亀岡の食材や食文化について語り合いながら、亀岡の山で取れたジビエ肉や地産の食材を味わっていただきました。

臨時のクリーン作戦やイベントが重なり、プロジェクト保津川にとって忙しい週末になりました。

ご参加ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

令和2年2月2日(日)京都・嵐山 大堰川に筏が流れました。

2020/02/04

京都保津川筏復活プロジェクトでは、 12連の筏を復元し、上流の南丹市から京都・嵐山までの筏流しの完全な復活をめざすとともに、流域に伝わる筏文化の聞き取り調査やさまざまな技術の記録や伝承、材木の地産地消にむけた取り組みを進めることが目的です。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

保津川筏復活プロジェクト

2月2日(日)穏やかな天候の中、 プロジェクトの一環として、 嵐山で12連筏がながされました。

12連筏流し前日までの準備様子

亀岡市篠町の長尾山にて、筏にする木材の準備が行われていました。

12連筏流し2月2日当日の様子

保津川下りの船頭さんや学生さんなどにより、当日の準備が行われ、筏流しが行われました。

天気も穏やかでしたが、水の流れも穏やかです。 嵐山の渡月橋の上流を12連筏が優雅に横切っています。

この筏が平城京や平安京時代の都市や寺社の造営に長らく貢献してきたそうです。

この風景を残すことが、 保津川筏復活プロジェクト の目的のひとつでもあります。

京都市右京区まちづくり支援制度交付金事業
地域交響プロジェクト(京都府)

主催:京筏組(保津川筏復活プロジェクト連絡協議会)
京都先端科学大学民俗学研究室
NPO 法人プロジェクト保津川

後援:一般社団法人京都府木材組合連合会
京北銘木生産協同組合
京北森林組合
京都先端科学大学研究・連携支援センター

協力:嵐山保勝会
嵐山通船株式会社
琴ヶ瀬茶屋  
京都府立林業大学校
有限会社南丹運送
保津川遊船企業組合

イベント・講座 カテゴリ