イベント・講座一覧/ブログ一覧

流れ出す農業用プラスチック類と投棄される粗大ごみ。第122回保津川クリーン作戦を開催しました。

2019/06/20

令和元年6月16日(日)早朝、京都府亀岡市、宇津根橋の少し上流、大堰川と犬飼川の合流地点付近にて、第122回保津川クリーン作戦を開催しました。

今日は122回目の保津川クリーン作戦でした。前夜からの雨も上がり、少し肌寒いお天気にもかかわらず、早朝より19人の方がお集まりくださいました。 川には大雨の時に流れてきたレジ袋やマルチシート、食品の包装、ペットボトルともはやおなじみのごみ…

プロジェクト保津川さんの投稿 2019年6月15日土曜日


桂川と大堰川と保津川

大堰川という名前は、南丹市八木町から保津町辺りまでで呼ばれている通称名です。

国の統一呼称 では 桂川となります。 京都市内を流れているあの桂川と同じ川です。

淀川水系の一級河川で、 亀岡市の馬路町、千代川町、大井町、河原林町、宇津根町、保津町、篠町内を通過してます。

この川が、保津町辺りまで来ると、今度は保津川と呼ばれるようになります。

川沿いの水田の多くは、この水を利用しており、亀岡市を代表する川です。

参考サイト:大堰川


清流のイメージのある犬飼川

大堰川と犬飼川合流地点は、亀岡市大井町にあると思っていたのですが、google mapで調べてみたところ、ぎりぎり亀岡市保津町でした。

犬飼川は、 保津町を含めると全部で亀岡市内の5町を通過しています。

保津町からまず大井町を通過します。国道9号線の下をくぐり、南桑中学校のそばを通り、吉川町へと抜けます。亀岡運動公園の辺りで曽我部町へと入ります。小幡神社や穴太寺の間を抜けて、曽我部町犬飼にある関西盲導犬協会の前を通り、西別院町へと続きます。

上流に行けば行くほど、水がきれいになりオオサンショウウオの生息地があったり、アマゴの釣り場として知られていたりと清流のイメージが強くなる川です。

参考サイト:犬飼川


大堰川と犬飼川の合流地点でもたくさんのごみが

犬飼川河口付近にひっかかった流出ごみ
犬飼川河口付近にひっかかった流出ごみ

地図を使って、川の周辺を見てもらうとわかりますが、両川沿いにもたくさんの生活圏があり、ごみの流出の原因となっています。

今回も「水辺のごみみっけ!」を実施し、回収したごみの種類を調べました。

レジ袋277袋、ペットボトル215本、カップ型飲料容器17個 など、 20ℓの土のう袋35袋 分のごみを回収できました。

全部で、軽トラック2台分で、 20L土囊袋73袋分、さらに粗大ごみも多数回収しました。


農作業に使われるプラスチック類も自然界には驚異

川辺に流れついた防草用のビニールシート
川辺に流れついた防草用のビニールシート

こういった畑などに使われる防草用のシートや、肥料の袋などのごみも目立ちます。

農作物を作るには便利な道具ですが、レジ袋同様に川や海へ流れ出すと、細かくくだかれマイクロプラスチックとなり、魚介類や食塩といっしょに私たちの身体の中にかえってくる恐れがあります。

このままで、これらのプラスチック類も規制の対象になってくると思われます。


粗大ごみも拾っている理由

大堰川沿いの竹やぶに捨てられた粗大ごみ

今回のクリーン作戦では、川沿いに捨てられている粗大ごみが目立ちました。

粗大ごみは生活圏からの流出ごみではなく、意図的に投棄された人の悪意の塊です。

粗大ごみの回収は、市民活動の範囲を超えているところもあると思いますが、プロジェクト保津川のクリーン作戦では、こういった粗大ごみも拾うことにしています。

川が増水すると、粗大ごみもプラスチック類のごみと同様に、川へと流れだしてしまうからです。

保津川下りの観光客の皆さんに、保津峡の途中にひっかかった粗大ごみを見せたくないと思いませんか?


川ごみの象徴的な光景

川で流されて砕かれていく途中のアルミ缶
川辺でやぶに突き刺さったアルミ缶

川辺で、やぶに突き刺さ刺さった缶を見つけました。

この缶は1986年ぐらいに販売されていたものようです。どれくらい長い期間、ここにあったのでしょう?

川の力は、ほんとに強くアルミ缶でもくだいていきます。

このサイズなら回収も簡単ですが、粉々になるとどうしょうもありません。

散歩中に、道でごみを見つけたらぜひ拾って、ごみ箱へお願いします。

川で拾うより数倍楽で早期の問題解決になります。

曽我谷川とかめおかプラスチックごみゼロ宣言 第121回保津川クリーン作戦を開催しました。

2019/05/21

令和元年5月19日(日)早朝、京都府亀岡市を流れる曽我谷川にて第121回保津川クリーン作戦を開催しました。

今朝は121回目の保津川クリーン作戦。田植えの忙しい時期でもありますが、25人の方にお集まりいただきました。今回は保津川の支流の一つ、曽我谷川での清掃活動。岡山と亀岡だけに生息する国の天然記念物「アユモドキ」の産卵シーズンを前に、みんなでお…

プロジェクト保津川さんの投稿 2019年5月18日土曜日

意外と身近な曽我谷川

曽我谷川に注ぐ赤川にもたくさんのごみがあります

曽我谷川を遡ると、今回クリーン作戦を行った追分町と保津町の間から一旦余部町を経由し、安町と河原町の間を通過し再び余部町に出ます。城西小学校の横を通り、ガレリアかめおかの裏を通って、京都縦貫道の下をくぐり、走田神社の東側を通ると曽我部町へと出ます。423号線沿いを南下し、京都先端科学大学(KUAS)沿いからさらに南下、曽我部町の一番端から東別院町へと続きます。

曽我谷川は、全部で市内の7町を通過しています。さらに赤川のように大井町から河原町へと住宅地を通って流れてくる支流もあります。

途中、国道9号線や京都縦貫道、クニッテル通りの下をくぐるので、私たちにとって意外と触れる機会の多い川です。

曽我谷川に住むアユモドキ

アユモドキ救出作戦時に撮影されたアユモドキ
アユモドキ救出作戦時に撮影したアユモドキ

曽我谷川の河口は、今回クリーン作戦を行った亀岡市保津町の旧商工会議所付近にあります

アユモドキの生息地となっている場所です。

アユモドキは、泳いでる姿がアユに似ているところからこの名前が付けられた、コイ目アユモドキ科の淡水魚です。近い種類だとドジョウがあります。

天然記念物に指定されており、環境省のレッドリストで絶滅危惧IA類 (CR)に分類され、「 ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの 」と判定されています。

アユモドキは、人の営みに寄り添って生きる生き物です。今現在、曽我谷川河口付近がアユモドキが命をつなぐのに最適な(そして唯一の)場所となっています。

クリーン作戦開始前に、NPO法人亀岡 人と自然のネットワークの仲田丞治さんから、今年のアユモドキの状況についてお話し頂きました。「今年は、いろんな年齢の親魚がたくさん見つかり、繁殖条件としては良い状況」とのことでした。

アユモドキについては、亀岡市役所のホームページに詳しく紹介されています。かめおかの環境のシンボル「市の魚」アユモドキを守ろう!

アユモドキの生息場所で回収されたごみ

今回のクリーン作戦でも「水辺のごみみっけ!」を実施し、ごみの種類も調べました。

レジ袋161枚、ペットボトル90本、 カップ型飲料容器27個 など、 20ℓの土のう袋35袋 分のごみを回収できました。

曽我谷川河口付近で回収されたごみの一部

レジ袋と言えば、スーパーで配られるレジ袋のイメージが強いですが、他の業種でもレジ袋は使われています。今回、回収したレジ袋の中にはドラッグストアの物が混ざっていましたが、ドラッグストア業界でもレジ袋全廃の動きが進んでいます。

京都府茶業研究所の工事のごみ

その他、 扇風機やラジカセ、三輪車などを回収しました。

宇治での工事の資材のはずですが。。。 京都府茶業研究所の工事のごみもありました。

曽我谷川河口付近は、かめおかプラスチックごみゼロ宣言について考えられる最適な場所

曽我谷川は、 市内の7町を通り保津川へ注ぎこんでいます。

山や田んぼから流れ出す水を集めながら下ります。途中、住宅街や集落の中を通ります。

街中にごみが落ちていれば、雨で住宅街の側溝を流され、曽我谷川に集まることになります。

河口付近には、アユモドキが住んでおり、近くには京都スタジアムも建設されています。

この川のごみは、昨年末に発表されたかめおかプラスチックごみゼロ宣言がこれからどんな効果を挙げていくのか、考えるのにちょうどいい場所かもしれません。

この場所で、クリーン作戦を開催する必要が無くなれば、大きな成果といえるはずです。

クリーン作戦の様子がテレビで放送されます。

京都スタジアムをバックに、清掃中と撮影中

5/29(水)の夕方に、テレビ大阪の番組「やさしいニュース」で、 今回のクリーン作戦の様子が かめおかプラスチックごみゼロ宣言の特集の一部として放送されます。ぜひご覧ください。

テレビ大阪 やさしいニュース

イベント・講座 カテゴリ