イベント・講座一覧/ブログ一覧

第142回保津川クリーン作戦を宇津根橋周辺で開催しました。

2021/09/20

2021年9月19日(日)、前々日に台風が通過し開催が危ぶまれましたが、爽やかな秋空の下、亀岡市大井町の宇津根橋周辺で保津川クリーン作戦を開催しました。

今年もWorld Cleanup Dayに協賛した開催です。

早朝から、54名の方に参加して頂きました。

ありがとうございました。

この場所は、普段から釣り人や余暇を楽しむ人が訪れる場所です。

近くでは現在、新宇津根橋への架け替え作業が行われており、竹林の伐採も行われました。

少し見通しもよくなっており、以前に比べて人の目に多くふれるようになっているように思われます。


土手沿いの道路

しかし、写真を見てもらって分かるように、土手沿いの道路では、相変わらずポイ捨てや不法投棄が行われています。

日中は車の往来が多い場所ですが、竹林があり人眼に付かないと思われているのが原因かもしれません。

また、ポイ捨てゴミがポイ捨てを呼んだり、ここに捨て慣れた習慣を持つ人がいるのかもしれません。


犬飼川と保津川の合流地点付近

ここは、犬飼川の河口があり、保津川と合流する場所です。

犬飼川から流出するごみや、雨が降ったり、日吉ダムの放流が行われると増水し、保津川上流から流れてくるごみが川沿いにひっかかります。

またこの場所で、余暇を過ごす人も多く、BBQを楽しむために持ち込まれたごみが放置されたものもあります。


第142回保津川クリーン作戦で集められたごみ

びっくりされるかもしれませんが、浴槽まで見つかりました。

捨てられたものか、農作業で水を溜めるために川沿いに持ち込まれたものかもしれません。

空き缶やペットボトルのごみも目立ちます。

やはり、コロナ過でこの周辺で過ごす人が増えているのが原因かもしれません。

人が集まるほど、とても良いエリアです。しっかり整備し、管理すると地域や社会にとっても有益なのかもしれませんね。


放置されたお弁当

食べ終わったあと、きっちり口を縛られたお弁当の放置ごみです。

ご存じのように、亀岡市ではプラスチック製レジ袋の提供禁止されています。

もしかしたら、条例施行前のごみでしょうか?

見た感じ、そんなに古いものではなさそうなので、市外から持ち込まれたごみなのかもしれません。

どちらにしろ、このごみを放置した人は、このごみが自分や自分の家族の首を絞めることになることに気づいていないのだと思います。

何気なく川沿いに放置したごみかもしれませんが、このごみが川に流れ出し、海洋に出るかもしれません。

その過程で、散り散りになりマイクロプラスチックとなり、動植物に取り込まれ、それが人が食べる食事として、テーブルの上に戻ってくるかもしれません。

波に浮かぶ間に、紫外線により分解され、温暖化ガスを排出。結果、地球の温度が上がり、天災を起こす原因になるかもしれません。

地球の上の物質は、水なり空気なり食べ物となり循環しています。

それらはすべて私たちの身体の一部となるものでもあります。

こう考えると、ポイ捨ては、私たちにとってかなり具体的で身近な問題だと感じないでしょうか?

このようにクリーン作戦では、たんにごみの清掃しているだけではなく、私や私たちのまわりの人々、地球を守る大事に活動なのだということもわかります。


次回の保津川クリーン作戦は?

10月17日(日)にふるさと清掃運動会として、篠町自治会の皆さんと亀岡市篠町を流れる西川にて開催予定です。

詳しくは、後日おしらせします。

第140回保津川クリーン作戦を保津川の象徴的な場所、保津小橋周辺で開催しました。

2021/06/28

2021年6月20日(日)、亀岡市保津町の保津小橋周辺で保津川クリーン作戦を開催しました。

保津川小橋は、保津川下りの船が保津峡に入る前にくぐる小さな橋です。

保津町の住民の方が保津川右岸側にある田んぼへ通うため渡ったり、ウォーキングを楽しむ方が小橋を渡る姿を見かけます。

河川敷の整備が進み、小橋の近くにキャンプ場が設置されました。コロナの影響などもあるのか、大きなテントを張りキャンプを楽しむご家族やグループの姿をよく見かけるようになりました。

今回は、キャンパーの方の飛び入りもあり、全部で57人の方に参加して頂きました。

雲の多い空模様の下1時間ほどの活動で、20Lの土嚢袋22袋分のプラごみなどの他、BBQ網や自転車などを回収しました。

今回目についたのが、河川敷のテトラポットに張り付いた農業の肥料散布に使うプラスチック製の小さなカプセルです。被服肥料と呼ばれるもので、徐々に中の肥料が溶け出すことで、作物に適度に栄養を与えることができるものだそうです。

農業には、マルチなどプラスチック製の製品が使われることが多くあります。被覆肥料も含め、農業に起因するマイクロプラスチック問題の原因です。

被服肥料は、農作業の軽減に役に立つため、マイクロプラスチック問題を引き起こす要因になるということを知らずに使っている農家さんも多いと思います。

日用品からだけではなく、こういった私たちの活動が影響するマイクロプラスチック問題にも取り組んでいく必要があります。

また、今回も全国かわごみネットワークをの「水辺のごみみっけ!」の手法を使った調査も行いました。

ペットボトル100本、レジ袋21枚、カップ型飲料容器7個という結果でした。

まだまだペットボトルが多いのがわかりました。

亀岡市では、水筒を持ち歩くことでmymizuアプリを使い、市内の各施設やお店で無料で水をくめるという取り組みが進んでいます。

ペットボルトを拾うことも徐々に減ってくるのではないでしょうか。

今回も早朝より参加してくださった皆様、ありがとうございました。


少なからず日本人にも原因のある水資源問題

保津川クリーン作戦での活動でも、毎回ペットボトルがごみとして拾われています。

川に浮かんで流れるペットボトルを見るのは、わりと日常の風景です。

私たちが、そのペットボトルに入れらた水を買うようになったのはいつぐらいからでしょうか?

当初、家の水道をひねれば出てくる水を誰が買うのかと思った記憶があります。

でも、すぐにペットボトルに詰まった水を買うのが普通になっていました。

先日、こんなニュースがプロジェクト保津川のfacebookページでシェアされていました。

水資源についてのニュースです。

あのボルヴィックの水源が枯渇しているそうです。

ボルヴィックと言えば、緑色の丘が記されたラベルが特徴で、ペットボトルに入れられて売られている水として、日本人にとって親しみのあるミネラルウォーターではないでしょうか?

そのミネラルウォーターは、フランスの南西部にあるオーベルニュ地方のボルヴィックという町から日本に運ばれてきていたのをご存じでしたか?

かつて私はボルヴィックの水を自分で汲んでみたいと思い、ボルヴィックの空のペットボトルを持って、ボルヴィックへ行ったことがあります。

クレモン・フェランという町からバスに乗り最寄りのバス停まで行き、そこからけっこうな距離を歩いた記憶があります。

ようやくボルヴィックのインフォメーションセンターに到着し、「ボルヴィックの水を自分で汲みたいのですが」とたずねました。

すると受付の人は「ボルヴィックの水は、地下から汲み上げているので、自分で汲むのは無理ですよ」と言って、新品のボルヴィックのペットボトルを2本渡してくれました。

その時、初めてボルヴィックのペットボトルに詰められた水が地下から汲み上げられていることを知りました。

あれから、20年以上、その水が枯渇しかかったいるそうで、近隣では干ばつが起こり、農業に影響が出てきているそうです。


水とペットボトル

外国の水が容易に、日本で飲むことができるようになったのには、ペットボトルが大きな役割を担っています。

ペットボトルは、瓶などよりも安価に水を運ぶ手段を提供しました。

人間は後先に考えずに、これは便利だ、儲かるとじゃんじゃん水をペットボトルに詰めて、売りました。外国にまで運びました。

その結果、ボルヴィックでは水資源が枯渇するという状態がおとずれたということです。

同時に、ペットボトルはプラスチックごみ問題の一因になりました。

今から考えたら、ほんとにペットボトルにまで詰めて水を輸入する必要があったのだろうかとさえ思います。

これがフランスの水か、と飲んでいたあのミネラルウォーターの水源がそんな状態になっているのかと思うと、悲しい限りです。

日本国内でも、地方の水がたくさんペットボトルに詰められて売られています。

日本は水資源が豊富だと言われていますが、ボルヴィックと同じ問題が日本でもすぐに起こると思います。

たしかに、美味しい水は飲みたいですが、ほんとにそこまでして地方の水を飲む必要があるのでしょうか?

ペットボトルのプラスチックごみ問題と、水の問題は並列で考え、同時に解決方法を考える問題なのかもしれません。

ちなみに、ボルヴィックは、販売元だったキリンビバレッジ株式会社が、2020年12月31日をもって、日本での販売を終了しています。

もうあのボルヴィックを日本では飲むことができません。

イベント・講座 カテゴリ