イベント・講座一覧/ブログ一覧

令和2年2月2日(日)京都・嵐山 大堰川に筏が流れました。

2020/02/04

京都保津川筏復活プロジェクトでは、 12連の筏を復元し、上流の南丹市から京都・嵐山までの筏流しの完全な復活をめざすとともに、流域に伝わる筏文化の聞き取り調査やさまざまな技術の記録や伝承、材木の地産地消にむけた取り組みを進めることが目的です。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

保津川筏復活プロジェクト

2月2日(日)穏やかな天候の中、 プロジェクトの一環として、 嵐山で12連筏がながされました。

12連筏流し前日までの準備様子

亀岡市篠町の長尾山にて、筏にする木材の準備が行われていました。

12連筏流し2月2日当日の様子

保津川下りの船頭さんや学生さんなどにより、当日の準備が行われ、筏流しが行われました。

天気も穏やかでしたが、水の流れも穏やかです。 嵐山の渡月橋の上流を12連筏が優雅に横切っています。

この筏が平城京や平安京時代の都市や寺社の造営に長らく貢献してきたそうです。

この風景を残すことが、 保津川筏復活プロジェクト の目的のひとつでもあります。

京都市右京区まちづくり支援制度交付金事業
地域交響プロジェクト(京都府)

主催:京筏組(保津川筏復活プロジェクト連絡協議会)
京都先端科学大学民俗学研究室
NPO 法人プロジェクト保津川

後援:一般社団法人京都府木材組合連合会
京北銘木生産協同組合
京北森林組合
京都先端科学大学研究・連携支援センター

協力:嵐山保勝会
嵐山通船株式会社
琴ヶ瀬茶屋  
京都府立林業大学校
有限会社南丹運送
保津川遊船企業組合

3年ぶりに「いかだにのってみよう!」が開催されました!

2019/09/24

台風により、2017年、2018年と中止になっていた「いかだにのってみよう!」が3年ぶりに開催され、約200人の参加がありました。

かつて保津川では、 丹波山地で切り出された材木を京の都へと運ぶ筏流しが盛んに行われていました。

保津川下りと、筏流しが競い合うように保津川を下っていく風景が見られたそうです。

筏流しには1200年以上の歴史があり、平安京の時代には材木や物資が盛んに運ばれたそうです。

保津川の筏流しについて、京都保津川 筏復活プロジェクトにて、さらに詳しく知ることができます。

「いかだにのってみよう!」は、筏復活プロジェクトの一環として、親子で筏を体験できるイベントとして開催されました。プロジェクト保津川も協力団体として参加しました。

「いかだにのってみよう!」9/14(土)予定通り開催します! 保津川が増水しないか、ヒヤヒヤしていましたが、今年も保津川筏復活プロジェクト2019「いかだにのってみよう!」を開催します。 保津川の川べりで、伝統の筏の試し乗りができます。…

プロジェクト保津川さんの投稿 2019年9月13日金曜日

午前中は京都府立林業大学校や京都先端科学大の学生さんたちと一緒に、筏組みを行いました。昔ながらの伝統の手法で、見事に「ほんまもん」の筏が組み上がりました! 試乗体験は、13:30〜16:00に保津川下り乗船場向かいの河原で開催します。どなたでも参加可能です、ぜひお越しください!

プロジェクト保津川さんの投稿 2019年9月13日金曜日

「いかだにのってみよう!」、無事終わりました。3年ぶりの開催、昨日も午前中まで雨が降っていましたが、今日は打って変わって青空!約200人の方に「ほんまもんの筏」を体験していただきました。保津川下りの船頭さん、府立林業大と京都先端科学大の学生さんと先生方、亀岡市文化資料館のみなさん、いろんな方のご協力もいただきました。みなさん、ありがとうございました!

プロジェクト保津川さんの投稿 2019年9月13日金曜日

「いかだにのってみよう!」番外編。人の身体の使い方を探求されているアーティストの安藤隆一郎さん、筏師の特訓。竿をさして、筏の上を後ろに向いて歩いていくと、筏がスムーズに曲がって行く様子をご覧ください!今日は3連の筏。昔は12連、全長50m以上。それを激流の中で操っていたわけです。昔の人は凄いなぁ。

プロジェクト保津川さんの投稿 2019年9月14日土曜日

イベント・講座 カテゴリ