イベント・講座一覧/ブログ一覧

保津川のアユのお話

2020/08/06

プロジェクト保津川では、夏のこの時期に、毎年「保津川でアユ漁と川流れを楽しもう」というイベントを開催しています。

保津川に網を仕掛け、親子みんなで追い込み、アユを取って焼いて食べたり、ライフジャケットを着て川に流されて遊んだりと、保津川を身近に感じることができるイベントです。

2018年保津川で鮎漁と川流れを楽しもうの様子
2018年度に開催した「保津川で鮎漁と川流れを楽しもう」の様子

残念ながら、去年は増水により、今年は新型コロナウイルスの感染拡大により中止になってしまいました。


アユってどんな魚なんでしょう?

この時期になるとスーパーで売られていたり、釣り好きの人から分けてもらえたりと、アユは夏の魚というイメージがあります。

アユ

アユは、山々が紅葉する秋になると群れを作り、産卵のために河口付近まで下っていきます。

このような行動ををするアユのことを落ち鮎と呼ぶそうです。

河口付近に着くと、粒の小さな砂利質で泥の堆積のない水通しの良く砂利が動く川床で産卵をします。

仔魚は海や河口付近で育ち、春になると親が下ってきた川を遡っていきます。

アユは、川魚のイメージが強いと思いますが、小さな時は海に住み、大人になると川に住む回遊魚なのです。

そういう理由で、この季節になるとちょうど人の近くの川にいるわけです。

更に詳しくアユについて知りたい方は、wikipediaのアユの項目を読んでみてください。なかなか興味深いです。


保津川のアユ

保津川を泳いでいるアユも海から来たアユかといえば、それは違うようです。

保津川のアユは、保津川漁業協同組合さんによって毎年放流されています。

令和2年度も稚鮎が全部で1200 kg。

保津川の上流から下流の様々な場所へ放流されています。

夏場に、保津川でアユ釣りをされている姿を見ると思いますが、釣り師さんが釣っているのは、放流されたアユだということになります。

毎年夏場に保津川でアユ釣りを楽しめるのは、漁協さんが放流されているからということですね。


保津川になぜ天然のアユがいないのか?

昔はもちろんいました。

では、なぜ今は天然のアユがいないのでしょうか?

それは人間が流れを制御するために、川の途中にたくさん堰を作ってしまったからです。

堰ができたおかげで、アユは上流へは上ることができなくなりました。

これが保津川に天然のアユがいなくなった大きな理由です。

当時の人は、魚が遡上していくことまでは考えて堰を設置しなかったようです。

遡上を拒まれるアユ


天然アユ復活に向けて

天然のアユ復活向けて、保津川の下流の桂川や淀川では様々な活動が行われています。

魚が遡上することができるように、魚道が設置されたり、魚道が無い堰ではアユの遡上調査とくみ上げ放流が行われています。

このような下流域からの地道な活動により、京都市内まではアユが戻ってくるようになりました。

京の恵みを生かす会ホームページ

しかし、まだ保津川までアユは遡上してきていません。嵐山の一之井堰がアユが保津川に上ることを難しくしているようです。

そこから、アユが上流に上れる手段ができれば、保津川まで天然のアユが遡上してくる可能性が出てくるそうです。

ちなみに、一之井堰には魚道はありませんが、かつて筏を通していた通路があるので、そちらのアユが使えれば上ってくるのかもしれません。


アユはきれいな水を好みます。

堰の問題が解決し、アユが保津川まで遡上してくるにはもうひとつ障害があります。

アユはきれいな水を好みます。

保津川上流には、日吉ダムがあり、そこから流れ出す濁水をなんとかする必要があります。

日吉ダムの濁水
日吉ダムから流れ出す濁水

この濁水の問題に取り組んでいるダムもあります。

愛知県豊田市にある矢作ダムでは、浮沈式濁水対策フェンスというものを使い、ダムに流入する清水と濁流が混ざらない工夫がされています。

矢作ダムホームページ>環境対策

昔は、もちろん日吉ダムより上流にも天然のアユがいました。

でも、今ではもう日吉ダムより上へアユが遡上するのは完全に難しい状態です。

桂川のアユは、日吉ダムから上と下で切り分けられてしまいましたが、日吉ダムを海と見立てて、陸封アユとして生息しているアユがいるようです。

残念ながら、日吉ダムの上流にある世木ダムから上流の上桂川へは魚道が無く、それ以上遡上することはありませんが、一定数のアユが生息しているそうです。

ダム湖に「陸封アユ」か 京都・日吉ダム、19年春に群れ発見(京都新聞記事)

人が変化させてしまった環境に合わせて、習慣を変え生きているアユには生命の力強さを感じます。


来年こそは、「保津川でアユ漁と川流れを楽しもう」開催を。

この時期、昨今の急激な環境変化により、長雨や急激に降る雨、またその影響によるダムの放流などの影響を保津川が受けることが多くなっています。

そのため、なかなか保津川を利用するイベントの開催が難しくなりつつあります。

保津川沿いで、人々が釣りやBBQを楽しむ姿は見受けられますが、川流れを楽しんだりや、水辺で気軽に遊ぶ姿はあまり見られません。

人と保津川との距離感は、昔比べて遠くなっているように感じます。

そんな中で、「保津川でアユ漁と川流れを楽しもう」は、実際に川へ入れて、水辺で楽しめる保津川沿いで唯一のイベントです。

プロジェクト保津川では、保津川を理想の風景にし、次の世代へと引き継ぐという目標を掲げて活動しています。

いつかはこのイベントで天然のアユをつかまえることができる日が来ることを夢見て、今後も活動を続けていきたいと思います。

住宅街を抜ける亀岡市篠町 西川にて、第131回クリーン作戦を開催しました。

2020/07/15

令和2年7月12日(日)、京都府亀岡市篠町の西川にて、篠町自治会、西川左岸ふれあい会(篠町自治会)の皆さんといっしょに第131回クリーン作戦を開催しました。

早朝より、126人の方が参加し、西川周辺を清掃しました。

雨の後ということで、比較的ごみは少なかったですが、住宅街を流れる川ということもあるのか、ビニール類やレジ袋などが目立ちました。

1時間ほどの活動で、20Lの土嚢袋26袋分を回収することができました。

土嚢袋26袋分も十分に多いですが、地域の方が積極的に川の美化活動を行われてることもあり、以前に比べたら西川のごみを減りました。

近隣のみなさま、南丹清掃、JT、保津川トライアスロンクラブ、亀岡電子、宗教法人大本、KBS京都の皆様、ご参加頂いた皆さまありがとうございました。

今日は西川で篠町自治会、西川左岸ふれあい会のみなさんと一緒にクリーン作戦でした。雨も止み、早朝より126人もの方がお集まりくださいました。増水の後、木々や草にはたくさんのレジ袋がちぎれて引っかかっていました。逆にいつもは多いペットボトルは流…

プロジェクト保津川さんの投稿 2020年7月11日土曜日


西川

今回、クリーン作戦を行った西川は、京都縦貫自動車道篠IC付近から始まる保津川の支流のひとつです。

参考:西川(外部サイト)

西川という川の名前は知らなくても、ユニクロの近く、亀岡市篠町広田の信号の下で、9号線と交差しているので、亀岡市民ならかならず渡ったことがある川だと思います。

川沿いには、詳徳中学校や東部保育所などもあるので、通学中にいつも見ていてたという方も多いのではないでしょうか。

西川には、複数の川が合流しています。支流周辺の人口も含めると、篠町、南つつじヶ丘、西つつじヶ丘、東つつじヶ丘など、周辺人口は約3万人以上です。

西川は、約1万三千世帯分の雨水排水を引き受けていることになります。

地域の方には、とても重要な川だということになります。

周辺人口が多いということもあり、以前はとても汚れた川でした。

その後、西川再生(“せせらぎ”と“水辺の小径”)プロジェクトの活動もあり、水辺の整備もされ、徐々に人々の関心が生まれるようになりました。

そして、一旦離れた住民と西川の距離が近づいた結果、関心も高まり、周辺の方の美化意識が高まり、とても大事にされるようになってきています。


西川でのクリーン作戦でも、目立ったビニール類のごみ

今回は、川沿いの草や木々にひっかるかるビニール袋類が目立ちました。

周辺人口が多いので、必然的にビニール袋やレジ袋が川に流出することが多くなるのだと思います。

亀岡市では、かめおかプラスチックごみゼロ宣言により、レジ袋の削減が進んでいますが、それでもクリーン作戦を行うとまだまだレジ袋類が目立ちます。

周辺で多くの人が暮らすの川だからこそ、より意識して、レジ袋類の川への流出を止めることが大事です。


もし、今回、西川でひっかかったビニール類が回収されていなかったら、その後どうなっていたいか想像してみましょう。

ビニール類が川に流れると、引っかかったり、擦れたり、日光によって劣化したりと、どんどん細かなごみへと変貌していきます。

そこまで小さくなると、とても回収することが困難です。

細かくなったビニール類は土にかえることはありません。

細かくなったビニール類は、マイクロプラスチックと呼ばれる細かなごみになり、自然環境の中で異物となります。

その異物は、動植物に取り込まれたり、空気中にただようことになるかもしれません。そうすると、人が呼吸する中でも取り込まれることになるでしょう。

マイクロプラスチックは、地球上のありとあらゆるところで見つかっています。

標高の高い山の上。太平洋の深海。魚の体内や、人の体内。

地球が想像したエコシステムは優秀ですが、人が作り出したプラスチックまでは回収してくれません。

人が作った歪は人がなんとかするしかありません。

もう無意識に地球をごみ箱のように扱うことを終わらせましょう。


当日の清掃活動の様子がKBS京都で放送されます。

クリーン作戦当日、日本財団の海と日本プロジェクトから取材を受けました。

7/24(金)13:00〜 KBS京都の番組「きらきん」内で放送ます。

ぜひご覧になってください。

イベント・講座 カテゴリ