イベント・講座一覧/ブログ一覧

捨てる人と拾う人 第124回保津川クリーン作戦を開催しました。

2019/10/24

令和元年10月20日(日)早朝、晴天の下、京都府亀岡市保津町 保津大橋上流右岸河川敷にて第124回クリーン作戦を開催しました。

今回は、ふるさと清掃運動会としても行いました。

全部で12人の方に参加頂きました。ありがとうございます。

今日は124回目の保津川クリーン作戦でした。お祭りなど行事もたくさん重なり、12名といつもより少ない参加者でしたが、広~い河原にたくさん流れ着いていたごみ、そして河原の茂みの中の不法投棄も大量に回収しました。 集めたごみは、ペットボトルや…

プロジェクト保津川さんの投稿 2019年10月19日土曜日


保津大橋上流右岸河川敷とは?

今回クリーン作戦を行った場所は、旧商工会議所のちょっと北側にある保津川の右岸の川岸です。

保津川の堤防沿いの道路から無舗装を入って行ったにあり、石が敷き詰まった広々とした大きな岸辺です。

保津川右岸広場


見渡しの良いこんな場所で見つかるごみ

今回も「水辺のごみみっけ!」を実施し、回収したごみの種類を調べました。

レジ袋79 袋、ペットボトル86本、カップ型飲料容器41個 など、 20ℓの土のう袋35袋分のごみを回収できました。

全部で、軽トラック1台分で 20L土囊袋43袋分を回収することができました。

レジ袋やペットボトルなどは漂着ゴミとして水辺で見つかることが多いです。

大部分、写真の通り広々とした見渡しのよい場所が広がっています。BBQや釣りをする人は見かけますが、それほど人が立ち入る場所ではないせいでしょうか、藪の影などに不法投棄されたごみが多数ありました。

藪の中で不法投棄ごみを集める

日吉ダムの大規模な放流があった時に流れ着いたのでしょうか?タイヤや金属の塊などもありました。

流れ着いたタイヤ
回収された金属のごみ


漂着ごみでない複数のタバコの吸い殻ごみ

岸辺のタバコの吸い殻

レジ袋などのように、街中の側溝に落ちたタバコの吸い殻が雨に流されて川へ到達して、川ごみになることがあります。

でも、ここの岸辺で見かけたタバコの吸い殻はそれとは違うようでした。

同じ場所で、何日もかけて、捨てられたような複数のタバコの吸い殻です。

おそらく、習慣的にこの場所に来る理由があって、吸っては地面に捨てているのだと思います。

悪いことしてるだとか、環境に負荷をかけているなんて考えていないでしょう。


ごみを捨てる時って何か考えていますか?

ごみ箱

ごみを捨てる時って何も考えずにゴミ箱に捨てていますよね。 ほぼ無意識、生活の一部です。

家の中だと、ゴミ箱を探して捨てますが、習慣だからそうしているだけです。

この場所に、タバコの吸い殻を捨てている人も、家の中では灰皿に吸い殻を捨てているはずです。

でも、この場所では違うようです。

家では灰皿に、外では地面に。

自分の矛盾になんの疑問を持たずにそうしているはずです。

注意してくれる人もおらず、ただ習慣として、地面に捨てているのでしょう。

何も考えずに捨てるのは簡単です。


拾う側にまわると変わってきます。

クリーン作戦参加者

でも、拾う側にまわるといろいろ考えることになります。

意図的に捨てられたごみや、不法投棄されたごみを見るとまず腹が立ちます (笑)

誰か知らない捨てた相手に憎悪がわきます。

クリーンなことしているのに、心がクリーンじゃなくなります (笑)

でも、そんな負の感情が生まれるだけじゃないです!

タバコの吸い殻や、不法投棄ごみや、川辺に漂着したレジ袋を見るといろいろなことを感じます。

考えることもできます。

気づくこともできます。

クリーン作戦に参加してみると、その人の中に新しい視点が生まれます。

大人にとっても子供にとっても人生に役立つ体験となると思います。

終了後には軽食を囲みながら、いろいろな人とお話しもできます。

クリーン作戦後の軽食


次回、11月に行う第125回クリーン作戦のおしらせ

年谷川の紹介立て札

11/17(日)にサンスポーツの裏手 古世町と西つつじが丘の間を流れる年谷川 大山橋付近で行います。東部地自治会との共催になります。

詳しくは、後日別投稿にてお知らせします。

World Cleanup Day & Toyota Social FES 第123回保津川クリーン作戦を開催しました。

2019/10/02

令和元年9月29日(日)早朝、晴天の下、京都府亀岡市保津町、保津大橋付近にて第123回クリーン作戦を開催しました。

今回は、World Cleanup Dayとして、 Toyota Social FES  との共催で開催し、181人の方が参加されました。

京都サンガFCからは、斉藤大介コーチとマスコットのパーサくんが応援に駆けつけてくれ、いつもより大規模なクリーン作戦になりました。

1週間遅れて保津川でもWorld Cleanup Day を開催。181人の方が参加してくださり、20L土囊袋に50袋(約100kg)のごみを回収しました! 今回もToyota Social FES…

プロジェクト保津川さんの投稿 2019年9月28日土曜日


World Cleanup Day とは?

2008年に北欧の小さいな国エストニアで始まった環境アクションです。

エストニア国内で、1日に5万人のボランティアが参加し、5時間のクリーンアップ活動を行い、1万トンの不法投棄ごみを除去することに成功しました。

やがて、その運動が世界規模に広がり、 World Cleanup Day として、世界各国で開催される運動になりました。

2018年には157の国と1,780万人の人が参加し、世界中で総重量82,820トンのごみが集められました。

本来は、9月21日がWorld Cleanup dayなのですが、保津川では1週間遅れの9月29日に開催となりました。昨年に引き続き2回目の開催です。


Toyota Social FESとは?

「次世代の環境のために」をテーマに、 「より良い未来を作る」という想いのもと、地域の未来を作る活動として全国で行なわれています。 主催は、トヨタ自動車です。

ただの環境活動ではなく、楽しみながら良いことをするという、「FES」に込めた想いと、自分の住む地域をもっと好きになる、ずっと守りたくなるという活動を展開されています。

【京都:現地レポート】 こんにちは!京都の現地スタッフです。 本日は亀岡市を流れる保津川沿いの清掃活動と、藍の収穫体験、収穫した藍を利用した藍染体験を行いました! 亀岡駅前には京都サンガF.C.のホーム、京都スタジアムが完成間近です! …

Toyota Social FESさんの投稿 2019年9月28日土曜日

参加者の皆さんは、クリーン作戦後に、ほづあい研究所さん指導のもと、 エコバッグづくり藍の叩き染めも体験されました。

TOYOTA SOCIAL…

ほづあい研究所さんの投稿 2019年9月28日土曜日


保津大橋周辺のごみの状況

今回のクリーン作戦では、Toyota Social FESの参加者と共に保津川のごみの状況を知ってもらいつつ、清掃活動を行ってもらいました。

この場所は、川を渡った正面に保津川下りの船着き場があり、日頃から船頭さんによる清掃活動が行われています。見た目には、めだったごみは見当たりません。

それでも、草むらや水際で、流れ着いたたくさんのレジ袋やペットボトルが見つかりました。

第123回クリーン作戦草むらでごみを回収する参加者

今回のクリーン作戦では、 181人の方が参加してくださり、20L土囊袋に50袋(約100kg)のごみ が回収できました。

他にも、タバコの吸い殻やタイヤまで捨てられていることに、参加者は驚いておられたようです。

川沿いの清掃活動に参加したことがなければ、知ることのない事実だったのではないでしょうか。

人は知ったり実際に体験することで、初めて考えることがでると思います。

参加者の皆さんにとって、貴重な1日となり、何かを感じてもらえていたら、とてもありがたいことです。


回収され土嚢袋に詰められたごみ。このあとどうなる?

保津川クリーン作戦123回で回収された川の漂着ごみ

クリーン作戦では、毎回たくさんの漂着ごみが回収されます。

集めたごみは誰かが責任をもって処分しなければなりません。

プロジェクト保津川単体ではどうすることもできない部分です。

参加されたことがある人は知っていると思いますが、回収されたごみは白地に水色のラインの入った土嚢袋に詰められます。

この袋は京都府から提供して頂いてるものです。

この後、ごみの詰まった土嚢袋は亀岡市に回収をお願いしています。


プロジェクト保津川は、京都府の「南丹ふるさとの川愛護事業」に参画しています。

クリーン作戦後には、レポートを制作し、ごみの回収状況を京都府へ報告しています。

参画することで、活動に必要なサポートを受けれたり、集めたごみの回収を市町村にお願いすることができます。

プロジェクト保津川のクリーン作戦は、参加者の皆さん、京都府、亀岡市との連携と協力で成り立っている事業なのです。

桂川や由良川 周辺で、定期的に清掃活動される団体があれば、「南丹ふるさとの川愛護事業に」に参画されることをお勧めしたいです。助けになるはずです。

イベント・講座 カテゴリ