プロジェクト保津川

第115回保津川クリーン作戦を開催しました!

2018/10/14

今日、10月14日(日)は、亀岡市篠町を流れる保津川の支流のひとつ、西川で、地元の篠町自治会、西川左岸ふれあい会のみなさんといっしょにクリーン作戦を行いました。

9年前、篠町自治会のみなさんといっしょにおこなったごみマップ調査で、町内の3本の川のうちこの西川に90%以上のごみが集中していることがわかって始まったこのクリーン作戦、今では年3回、地域のみなさんのご協力をいただきながら開催されています。住民のみなさんとともに行ったモニタリング活動をもとに、これほど大きな取り組みになったということで、実は国連をはじめ国内外でも注目されているんですよ!

自治会長のごあいさつのあと、草刈りチームとごみ回収チームにわかれて活動が始まりました。川の中のごみ拾いは、会社ぐるみでいつもご参加いただいている亀岡電子や日本メンテナスエンジニアリングのみなさん、プロジェクト保津川のメンバーが担当です。

今年は台風があいついだこともあって、いつになく大量のごみが流れ着いていました。まだ草も元気に生えているので、それをかき分けての作業は結構大変です。

今回多かったのは、カーポートの屋根に使われるようなプラスチックの波板やお店の看板。大きなものから割れてばらばらになったものまで、たくさん見つかりました。改めて台風21号の風の強さを感じました。

最近ではすっかり見かけなくなったザリガニもいましたよ!以前は亀岡一汚いと言われていた西川ですが、近隣のみなさんの取り組みもあって、見違えるほどきれいな川になりました。

今回は、90人のみなさんで1時間ほどの活動でしたが、20L土囊袋に40袋のごみが集まりました。最近はいつも10袋程度のごみしかなかったので「うわあ、多いなあ!」と思いましたが、初めてこの西川を清掃した時は、100袋以上、2トントラックに2台分のごみでしたから、やっぱりごみは大きく減っているんですね。

みなさん、ありがとうございました!次回は11月11日(日)の開催です。次回もよろしくお願いします!

chevron_left  chevron_right