プロジェクト保津川

保津川を桜の名所に

2007/12/16

Img_0663_1

先日、12月10日に保津川遊船企業組合のエコ・グリーン委員会が桜の植樹をされました

保津川下りで有名な保津川遊船企業組合のエコ・グリーン委員会が桜の植樹をされました。今年が初めて試み。

嵯峨野観光鉄道の沿線沿いは長年桜や紅葉の植樹をされていますが、それに負けじと同委員会が今回初めて企画し、冬の寒空の中行われました。

当プロジェクト保津川からも3名のメンバーが参加されました。

Img_0664_1

      (メンバーの山田達也さん)

Img_0668_1_2

      (メンバーの豊田知八さん)

今回の植樹スポットは「女渕(おんなぶち)」。保津峡で「一番静かで、一番景色が美しい」という理由から「女渕」という名称がついたそうです。今でも春になると桜の並木道?になるのですが、それをさらにグレードアップしようという試み!

約20本ほどの桜を植樹されたそうです。今から20年後が楽しみですね(笑)

こういう活動がこのプロジェクト保津川でも、みなさんとともにできたらいいですね。

この植樹事業の詳しい模様はこちらをご覧ください。

「人は生きた証として、なにを残すのか」

このプロジェクト保津川の永遠のテーマのような気がします。

chevron_left  chevron_right