環境のこと、みんなで楽しく学びませんか?

画像をクリックすると拡大して表示されます(PDF形式)

8/28(日)、手づくりの環境フェスティバルが楽しく開催!

亀岡のまちを走るごみ収集車にペイントアーティストSHOGENさんといっしょに絵を描いたり、マイクロプラスチックで素敵なアクセサリーを作ったり、生ごみが消える不思議なコンポスト「キエーロ」を作ったり。

亀岡のみなさんもたくさん声優として参加した映画「マイクロプラスチックストーリー~ぼくらが作る2050年 日本語吹替版」をみんなで見たり、学生のみなさんの発表を見学したり、亀岡市で始まっている、ステキな取組を学んだり。

夏休みの自由研究、最後の仕上げに困っていたら、ぜひぜひ相談してみてください。

ランチはキッチンカーのおいしいお料理を、ごみゼロで楽しみましょう!

日時:2022年8月28日()10:00-15:00

会場:亀岡市役所地下1F 開かれたアトリエ ほか

プログラム

SHOGENとごみ収集車にペイントしよう!

ペイントアーティスト SHOGEN さんといっしょに、ごみ収集車を思い思いの絵で仕上げよう!

SHOGEN(上田祥玄) ペイントアーティスト/日本ペイントスペシャルアンバサダー

ペンキを画材に鮮やかな色彩で描かれる、タンザニアのとある村だけで受け継がれる『ティンガティンガ』。生と死が近い場所にある中で生まれたからこそ、生きることへの喜びと感謝をいきいきとした動植物を通して描かれています。

SHOGEN公式ウェブサイト https://www.nzu-risana.com/

夏のコンポストワークショップ(くらしゴトLabo)

生ごみが消える不思議なコンポスト「キエーロ」を作って、使い心地を試してみよう!

  • 時間:10時~11時半/ 13時~14時半(環境講座&コンポストのお話の後、キエーロ作り)
  • 参加費 2,000円(HOZUキエーロキットは5,000円)
  • 人 数 午前・午後共に5組ずつ(先着順
  • 申込方法:こちらをクリックしてお申し込みください

~可愛く楽しくエコに参加!~マイクロプラスチックでアクセサリーをつくろう(felice)

海岸で集めたマイクロプラスチックで素敵なアクセサリーを作りましょう。

  • 参加費 1,000円
  • 申込不要、先着30 名

映画「マイクロプラスチック・ストーリー ぼくらが作る2050 年」日本語吹替版上映会

米NY のこどもたちが実現した発泡スチロールトレイ廃止を追いかけたドキュメンタリー映画。亀岡のみなさんもたくさん声優として参加した日本語吹替版を上映します。

  • 時間:13時~15時
  • 参加費:無料
  • 申込:不要

学生のみなさんの研究発表

環境問題に取り組む高校生や大学生のみなさんの研究成果を展示します。

行政や企業の展示

亀岡市や亀岡市と協定を結んで環境問題に取り組む企業などの展示を行います。

地球にも人にも優しくありたい。モノ大切にしてほしいから、私達はボトルの再資源化にも取り組んでいます。

心豊かに地球と子どもたちの未来を守る” をテーマに掲げ、サステナブルなライフスタイルを提案しています。

キッチンカー
ランチは亀岡のキッチンカーでおいしい料理を楽しんでください。

  • 場所:市役所軽自動車用駐車場

出店いただくお店

  • 黒豆カフェ(クレープ、タピオカ他)
  • 薩摩キッチン(牛肉丼、たん丼、かき氷他)
  • ふじはるカレー(カレーライス、コロッケ、飲み物他)

夏と言えば、保津川を遊泳するアユの姿を思い出してほしい。

プロジェクト保津川では、「保津川でアユ漁を楽しもう」の参加者を募集しています。

今回は、久しぶりの開催です。

昔ながらの漁法でアユやゴリを捕まえて塩焼きにします。ライフジャケットを付けて、川流れも楽しみます。ストーンペインティングのワークショップも行いますよ!

この機会に、安全に川で遊ぶ方法を学びましょう。

終了後、各自、デイキャンプやBBQなど思い思いに川を楽しんでもらえたらと思っています。

でも、ごみはかならず持ち帰ってね!

2017に開催した時の様子

日時:2022年8月7日(日)午前8時~11時(雨天・増水時中止)

場所: 保津橋から約500m上流右岸付近

定員:40人(申し込み多数の場合は抽選)

参加料: 大人2,000円、小・中学生500円

その他 :小学生以下は保護者同伴。
     濡れてもよい服装と履物(サンダル不可)で参加。

主催:NPO法人プロジェクト保津川
協力:保津川漁業協同組合、保津川遊船企業組合
後援:亀岡市

申し込み方法: 7月15日(金)までに、参加希望者全員の①住所②参加者氏名③電話番号④年齢を明記の上、メールにてプロジェクト保津川(info@hozugawa.org)までお申込みください。下記お問い合わせからの申し込みも可能です。

世界の29の映画祭に選定され6つの賞を受賞した注目のドキュメンタリー映画、「マイクロプラスチック・ストーリー ぼくらが作る2050年」の日本語吹替版がついに完成!

亀岡市出身のピアニスト、東坂萌里さんによるニューヨークをテーマにしたミニコンサートをお楽しみいただいた後、「マイクロプラスチック ・ストーリー」の日本語吹替版を上映します。亀岡市からは市長、市議会議長、そしてたくさんの子どもたちや先生方に声優として参加いただきました。映画の上映の後は、佐竹監督がニューヨークからオンラインでトークイベントに参加されます。

【プログラム】
日時:2022年2月5日(土) 9:30〜12:30(開場9:00)
場所:ガレリアかめおか 響ホール

■お申し込みは下記のリンクよりお願いします(要事前申し込み)

https://peatix.com/event/3129042

■寄付金付き映画鑑賞券について 
 今回の上映会の入場料は無料ですが、寄付金つき鑑賞券の販売および寄付の受付も行なっています。この寄付金は、映画のメッセージを日本中に届けるための、制作活動への支援、および、今後の広報活動やプラスチック汚染問題解決に向けた活動に活用いたします。ご理解とご賛同をいただき、寄付金つき鑑賞券もご購入いただければ幸いです。 
※寄付金のみや、寄付金の追加によるご支援も可能です。

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策として、会場のガレリア亀岡響ホールの定員(250人)の50%(125人)を上限として、事前予約制で開催します。また、緊急事態宣言の発令などの場合には、オンラインでの開催とする場合がありますので、あらかじめご了承ください。

■映画「マイクロプラスチック・ストーリー〜ぼくらの作る2050年」について
 ニューヨーク、ブルックリンの5年生たちが世界的に大きなプラスチック汚染問題を学び、彼らの視点でこの問題の根幹が何かを問いただし、解決に向かって自分たちのコミュニティーからアクションを広げて行くまでの2年間を追った長編ドキュメンタリーです。
 日本語吹替版の制作には、全国から公募で集まった578名の子供たちがオーディションに挑戦し、子役俳優をつとめてくれました。また、大人の声優も映画の主旨に賛同したたくさんの方が応援出演してくださいました。オーディションの開催から吹替版の収録まで、たくさんのボランティアの力で制作された異色の作品でもあります。

映画公式サイト:https://www.microplasticstory.org

■東坂萌里さん
 京都府亀岡市出身。1997年生まれ。 3歳よりピアノを始める。京都市立京都堀川音楽高校、京都市立芸術大学音楽学部を卒業。京都ピアノコンクール金賞、長江杯国際音楽コンクール ピアノ部門第1位及び審査員特別賞など受賞多数。 現在はプロピアニストとして活動中。

主催:かめおか遊友ネットワーク、特定非営利活動法人プロジェクト保津川