イベント・講座一覧/ブログ一覧

保津川deお茶会を開催しました!

2017/05/21

5月20日(土)、新緑の保津峡で今年もまいまい京都との共同企画、「保津川deお茶会」を開催しました。このツアーは、保津峡で清掃活動も行いながら、皇室のお茶会でも使われた「保寿泉」の清水で野点のお茶会を楽しもう!という、まさにスペシャルツアー(ちなみに募集開始からわずか1時間で満席になったそうです)。

朝10時、保津川下りの船に乗り込み、出発です。この日は30度を超える真夏日という予報。そのため、今シーズン初めて船には日よけの天幕が張られました。谷間に入ると、心地よい風が水面を渡ってきます。トロッコ列車のお客さんと手を振りあい、新緑の峡谷を船は下っていきます。

さて、保津峡の中程にある廻り淵に到着。ここには「保寿泉」と名付けられた清水が湧いています。昭和天皇の即位の御大典を祝って宮中で開催されたお茶会に使われたこの清水を「保寿泉」と名付けられたのは、昭和天皇の義父に当たる久迩宮殿下です。石碑が建てられたのは昭和3年ころのことで、その時には久迩宮殿下も一緒に船に乗り込んで一緒に来られたそうです。

さて、昼食はトロッコ保津峡駅下に接岸して、一旦上陸して頂くことにします。今回もお弁当をご担当いただいたのは京懐石「雅」の西田浩二さん。伝説の京料理人、丸田明彦氏の最後の内弟子で、皇室関係のお料理も担当されている西田さんのお弁当、今回も決して派手ではないですが、趣向が凝らされていて、皆さんにも大好評でした。

さて、再び船に乗り込み、保津峡の「奥の段」へ。

トロッコ列車の鉄橋のすぐ下流の河原、まずはここをみなさんと一緒にごみを集めます。「軽い清掃」と思っていたスタッフでしたが、参加者の皆さんも熱心にごみを集めてくださり、20L土嚢袋に13袋のごみを回収することができました。中には大きなフレコンパックも!

清掃活動の後は、お楽しみのお茶会です。亭主を務めて頂くのは裏千家の守屋實智子さん。海外での茶道の普及にも務めておられる先生でもあります。そしてお菓子は聖護院八ッ橋の新ブランドnikinikiの特製お菓子。川をイメージしたお菓子に、カッパ!これ、実は八ッ橋。食べてしまうのが勿体無いような可愛いお菓子です。そんなお菓子の魅力について、聖護院八ッ橋の鈴鹿可奈子さんにお話ししていただきました。私たちからも保津川の水運や環境のお話しも織り交ぜながらの、なんとも贅沢なお茶の時間でした!

日も西に傾いてきた頃、再び船に乗り込み嵐山を目指します。今回はなんと札幌や横浜からお越しいただいた方もありました。私たちもまた保津川の魅力を再発見できた一日でした。

今回のツアーの収益金は保津川の環境保全活動に役立てられます。みなさま、本当にありがとうございました!

保津峡チャリティ大茶会を開催しました!

2016/05/22

13263919_1128034820575855_265418492227335340_n

今日は「まいまい京都」とのコラボ企画、保津峡チャリティ大茶会を開催しました!昨年は前夜の雨による増水で中止、1年ぶりのリベンジです。今回は素晴らしいお天気に恵まれ、新緑と心地よい風の中、賑やかに開催することができました。

13238903_1127982993914371_4148659083326053869_n

朝10時に亀岡の乗船場を出発。先日の大雨で「川止め(運休)」となり、前日に運行を再開した保津川下りでしたが、水位も順調に下がりました。年に数日しかない、という最高のコンディションでの川下りです。暖かい日差しに、水がキラキラと輝いています。

IMG_9851

13226702_1022158284527115_2989485328204266788_n

さて、保津峡に入ってしばらく、「廻りヶ淵」に到着して接岸です。ここで今日のお茶会に使う清水を汲みます。昭和の初め、皇室のお茶会でも使われた名水「保寿泉」の水を船頭さんに汲んでいただいて、再出発です。

13260142_1128034770575860_6202721433940278821_n 13220945_1127983003914370_9062837683203874589_n

さて、トロッコ保津峡駅についてお楽しみ第1弾です。京懐石・雅の西田浩二さん特製のお弁当をみなさんと一緒にいただきます。保津川の上にかかる吊り橋の上で、峡谷を渡る風を感じながらのスペシャルなランチタイム!春の保津川での茶会ということで、筍ご飯に鮎の甘露煮など、ぎっしり。

 

13265850_1128034787242525_7165557681686752914_n

そしてなんとトロッコ列車に出没すると噂の鬼さんと一緒にお昼ご飯をいただく!というサプライズも。最後にみなさん一緒に記念写真、という嬉しいオマケつき。鬼さん、ありがとうございました!

そして再び船に乗って保津川を渡るトロッコ列車の鉄橋のある「奥の段」まで移動します。船を下りて、お茶の準備をする間、みなさんと一緒に河原をお掃除。きれいな河原でお茶会したいですもんね!

 

13233006_1128034800575857_9174685784802208840_n

13268472_1316030105093256_4104517636179030593_o

先日の大雨の増水の時には、この辺りのごみは逆に流されたのか、パッと見たところごみはあまり目に付きませんでしたが、それでも30分ほどの清掃活動で20L土嚢袋に11袋のごみを回収できました。

ごみの中には、ちょっと懐かしいカセットテープや缶コーヒーのプルタブも。最近、ようやく海ごみ問題が注目されるようになりましたが、こんな風にいつまでもごみが残るということをお話しさせてもらいました。

13230157_1127983020581035_7835227107552400760_n

そしていよいよお茶会。亭主をおつとめいただくのは、守屋實智子さん。裏千家淡交会正会員として、国内外でお茶やお花といった日本の伝統文化を紹介さています。そして亭主を補佐する半東をまいまい京都代表の以倉さんがつとめる、という贅沢で楽しいお茶会!保津峡の絶景を眺めながらいただくお茶は本当に美味しかったですよ。先生も「お水が美味しかったので、一服のお茶のおいしいこと!」と保寿泉の水に感心されていました。

12322600_1128040670575270_1762259402486879198_o 10173563_1127983027247701_5183862283906857004_n

そして今回のお茶席でお出しするお菓子は、聖護院八ツ橋総本店さんにお願いしてnikinikiのお菓子をご用意いただきました。お菓子のご紹介は、デザインをされている専務の鈴鹿可奈子さんにお願いしたのですが、これがまた大変面白いお話しでした。今回は「保津川」をイメージしたお菓子をご用意してくださったのですが(なので今日だけ、のお菓子)、たとえばこの可愛らしいカッパの目は、食品用の竹炭を爪楊枝につけて、1つずつ職人さんが手で描いてくださっているそうです。

唯一の誤算が、お菓子があまりに可愛らしく食べてしまうのがもったいないので、皆さんなかなかお召し上がりになることができず、一服の時間がとてもかかってしまったこと!(笑)だけど、それは嬉しい誤算です。

IMG_9888

だんだんと日も西に傾いてきて、そろそろお開きの時間となりました。再び船に乗って嵐山へ。流れが穏やかになってからはみなさんに操船体験もしていただいたり、と最後まで和気あいあいとした船旅になりました。

参加者の皆さんからは「ぜひもう一度やってほしい!」というお声をたくさんいただきました。初めての取り組みだったので、実は私たちも不安いっぱいでしたが、無事に終えられたのも参加いただいたみなさま、ご協力いただいたみなさまのおかげです。ありがとうございました!

*このイベントの収益金は保津川の環境保全活動のために大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

こども海ごみ探偵団オプション学習 「竹野浜クリーン活動&塩づくり体験」が行なわれました!

2014/11/22

Img_8541

今日(11月22日(土))は、亀岡市で取り組んでいる「川と海つながり共創プロジェクト」の「こども海ごみ探偵団」のみなさんと、兵庫県豊岡市竹野町に「竹野浜クリーン活動&塩づくり体験」に出かけてきました。楽しい楽しい旅のようすをさっそくレポートします!

(さらに…)

イベント・講座 カテゴリ