イベント・講座一覧/ブログ一覧

保津川市民花火大会でエコステーションを実施しました!

2017/08/10

台風のため、17年ぶりの延期となった今年の保津川市民花火大会。夏らしい好天のもとで賑やかに行われました。すっかりおなじみとなった10年目となった分別回収拠点「エコステーション」も、元気に行いました!ではさっそくレポートです。

エコステーションは屋台村の入り口にあります。昨年からは亀岡市環境事業公社のご協力をいただいて、ごみ箱もリニューアル。実はこれ、いつもは亀岡市内の資源ごみの回収に使われているものです。折りたたみ式で頑丈!今年はオシャレな分別のサインもデビューです。屋台村の入り口は、実は花火を見るのに最高のポイントでもあるんですよ!そしてエコステーションも今年からは4箇所に増えました!

さて、今年からはもう一つ新しい取り組みが始まりました。昨年、亀岡青年会議所のみなさんとともにプラスチックごみゼロの花火大会を目指した取り組みを提唱しました。昨年からはエコステーションに加えてリユース食器導入の実証実験も始まったのですが、今年はさらにペットボトル入り飲料や缶入り飲料の容器へのデポジット(預かり金)制度の実験も始まりました。海外では当たり前に導入されているデポジット制度、飲み終わったあと空の容器をお店などに持って行き返却すると、容器代が返金されるというものです。日本ではまだ導入されていませんが、諸外国では散乱ごみの削減に大きく貢献しています。

今回は、ご協力いただける露店にシールを配って、ペットボトルや缶に貼り付けてもらい、回収拠点にお持ちいただいたお客さんには1本につき5円をお返しする、という方法で、まずはどれくらいの効果があるのか試してみることにしました。

応援にかけつけてくださった市役所の職員さんも、ハンドマイクを片手に「日本初の取り組みです。みんなでポイ捨てのない美しい花火大会を実現しましょう!」とお客さんに呼びかけてくださったところ、皆さんから拍手で応えていただいたりしました。

最初の頃は、エコステーションの設置も私たちからお願いしてなんとか「邪魔にならないように」ということで実現し、色々とトラブルもあったりしたのですが、ここまで来たことが感慨深くもあります。

大空を鮮やかに彩る花火を間近にみながらのエコステーション。この時ばかりは疲れも吹っ飛びます。しばし花火を楽しんだ後が、実は大変・・・。一斉に駅を目指してお帰りになるお客さんに、ごみ箱やデポジット制度の案内をし、ごみ箱が溢れかえるまでに次々と袋を交換していきます。

今年は21人のみなさんにお手伝いいただき、120ℓのごみ袋に燃えるゴミ43袋、空き缶4袋、空きビン1袋、空きペットボトル6袋を回収することができました。平日、さらには延期となったこともあり、例年よりは少なめのごみではありましたが、何もなければその大半が散乱していたのかもしれません。みなさん、ご協力いただきありがとうございました!

また、花火大会の翌日10日(木)早朝からは、多くの市民ボランティアの皆さんとともに、早朝清掃にも参加しました。プロジェクト保津川チームには、保津川下りの船頭さんも参加してくださいました。

早朝清掃で見つけた残念なごみその1。いくつかの屋台ではデポジット制度にご協力いただけなかったようで、シールが全く使われていないまま捨てられていました(そしてこういうお店のごみは、分別もされていません・・・)。そしてまだまだ減らないプラスチック製のうちわ。どうせなら竹や木で作っていただいたら捨てられることもないのに、もったいないことです。そして、祇園祭などの京都市内のイベント、あるいは大阪の天神祭に出店していた屋台でしょうか。リユースカップがいくつか捨てられていました。

そして食品のごみもたくさん。売れ残ったら捨てるしかないのはわかりますが、せめてきちんと分別しておいてほしいものです。ハンバーガーのパンズをごみ袋にまとめてくださっているのは、桂川亀岡市長。市長に就任される前から、保津川の清掃活動にも熱心に参加いただいていますが、ごみの分別も手馴れた手つきでどんどんと。市長さんが先頭に立って活動してくださるのは心強い限りです。

集めたごみは、最後は清掃業者さんにバトンタッチ。今年は今まで以上に分別が進んでいて、埋め立てごみに回さないといけないごみが少ない、ということでした。

日本で初めて「プラスチックごみゼロ」を目指す亀岡保津川市民花火大会。道のりはまだまだ遠いですが、これからも頑張っていきたいと思います。応援いただいたみなさま、ありがとうございました!!

第103回保津川クリーン作戦を実施しました!

2017/05/23

5月21日(日)、亀岡市の東部、篠町を流れる西川で103回目の保津川クリーン作戦を開催しました。今回は、篠町自治会、西川左岸ふれあい会のみなさんとの共催ということで、152人のみなさんにお集まり頂きました。さて、当日の様子のレポートです!

まずは草刈機を持った役員さんたちが、作業しやすいように草を刈ってくださって、それぞれの場所に分かれて清掃活動がスタートです。対岸は道路沿いになるので、安全対策も慎重に。事前の準備にあたっていただいた自治会の皆さん、ありがとうございます!

プロジェクト保津川のメンバーは上流部のごみがたくさん流れ着いているところを担当し、胴長靴に身を包んでがっつりお掃除!

この写真、同じ場所ですが、何やら大きなシートのようなものも引っかかっていました。コンクリートブロックに絡まっていたのを解いてみると、畑で使うビニールトンネルのシートでした、その横の黒いものはマルチシート。農業地帯だけに、農業資材も多く(しかも悪意を持って不法投棄されたものでないだけに)どう減らしていくか、これからの課題ですね。

今回も海ごみ学習に取り組む安詳小学校の5年生の子供達が先生方や保護者の皆さんと一緒に大勢参加してくれました。今回が川の清掃活動のデビュー、先輩たちのようにしっかり学んでくださいね!

今回は1時間ほどで100Lのごみ袋26袋を回収しました。かさ容量にして1,300Lほどでしょうか、軽トラにおおよそ1台分でした。わずか700mほどの区間でこのごみの量、まだまだ頑張らないといけないなあ、と改めて感じました。でも、初めてこの西川で清掃活動を行なった2011年は、2tトラックに積みきれないほどのごみの量でした。その時のことを思うと、ごみも随分少なくはなってきています。ごみマップ調査からスタートしたこの西川の取り組み、一歩ずつ確実に、川がよみがえってきていることを感じます。

今回は、住民や個人会員のみなさんの他に、亀岡電子(株)、日本メンテナスエンジニヤリング(株)、ローソン亀岡馬堀店、イビススタイルズ京都ステーションのみなさまにもご参加いただきました。ありがとうございました。

さて、次回の第104回保津川クリーン作戦は6月18日(日)にアユモドキの生息地である曽我谷川で実施します。保津川のシンボルフィッシュ、アユモドキも繁殖シーズン。気持ちよく子孫を残せるように皆さんと一緒に綺麗にしましょう!詳しいご案内は近日中にアップします。みなさまのご参加お待ちしています!

保津川deお茶会を開催しました!

2017/05/21

5月20日(土)、新緑の保津峡で今年もまいまい京都との共同企画、「保津川deお茶会」を開催しました。このツアーは、保津峡で清掃活動も行いながら、皇室のお茶会でも使われた「保寿泉」の清水で野点のお茶会を楽しもう!という、まさにスペシャルツアー(ちなみに募集開始からわずか1時間で満席になったそうです)。

朝10時、保津川下りの船に乗り込み、出発です。この日は30度を超える真夏日という予報。そのため、今シーズン初めて船には日よけの天幕が張られました。谷間に入ると、心地よい風が水面を渡ってきます。トロッコ列車のお客さんと手を振りあい、新緑の峡谷を船は下っていきます。

さて、保津峡の中程にある廻り淵に到着。ここには「保寿泉」と名付けられた清水が湧いています。昭和天皇の即位の御大典を祝って宮中で開催されたお茶会に使われたこの清水を「保寿泉」と名付けられたのは、昭和天皇の義父に当たる久迩宮殿下です。石碑が建てられたのは昭和3年ころのことで、その時には久迩宮殿下も一緒に船に乗り込んで一緒に来られたそうです。

さて、昼食はトロッコ保津峡駅下に接岸して、一旦上陸して頂くことにします。今回もお弁当をご担当いただいたのは京懐石「雅」の西田浩二さん。伝説の京料理人、丸田明彦氏の最後の内弟子で、皇室関係のお料理も担当されている西田さんのお弁当、今回も決して派手ではないですが、趣向が凝らされていて、皆さんにも大好評でした。

さて、再び船に乗り込み、保津峡の「奥の段」へ。

トロッコ列車の鉄橋のすぐ下流の河原、まずはここをみなさんと一緒にごみを集めます。「軽い清掃」と思っていたスタッフでしたが、参加者の皆さんも熱心にごみを集めてくださり、20L土嚢袋に13袋のごみを回収することができました。中には大きなフレコンパックも!

清掃活動の後は、お楽しみのお茶会です。亭主を務めて頂くのは裏千家の守屋實智子さん。海外での茶道の普及にも務めておられる先生でもあります。そしてお菓子は聖護院八ッ橋の新ブランドnikinikiの特製お菓子。川をイメージしたお菓子に、カッパ!これ、実は八ッ橋。食べてしまうのが勿体無いような可愛いお菓子です。そんなお菓子の魅力について、聖護院八ッ橋の鈴鹿可奈子さんにお話ししていただきました。私たちからも保津川の水運や環境のお話しも織り交ぜながらの、なんとも贅沢なお茶の時間でした!

日も西に傾いてきた頃、再び船に乗り込み嵐山を目指します。今回はなんと札幌や横浜からお越しいただいた方もありました。私たちもまた保津川の魅力を再発見できた一日でした。

今回のツアーの収益金は保津川の環境保全活動に役立てられます。みなさま、本当にありがとうございました!

イベント・講座 カテゴリ