プロジェクト保津川

NHKニュース「京いちにち」に出演しました

2009/05/27

Dscn0799

京都地区で夕方放送されているNHKニュース「京いちにち」の特集コーナーに、プロジェクト保津川の副代表理事をつとめている私、原田が出演しました。

このコーナーは、京都で活躍するさまざまな人に焦点を当てて、アナウンサーさんとの対談形式でインタビューをするコーナー。今回は、「保津川を身近に」というテーマで、プロジェクト保津川の取り組みや、保津川への想いをお話しました。

Dscn0798_2

出演前にはスタジオを案内していただきました。最近のテレビは台本も電子台本と呼ばれるものになっていて、進行もしっかりとプログラムされていて、基本的にはPower Pointでプレゼンテーションをする際に、マウスをクリックしてスライドを進めていくようにいくように、ボタンを押すだけ。テロップをどのタイミングで、どんな風にいれるのかも、いとも簡単に決めることができます。

Dscn0794

出演者からの眺めはこんな感じ。NHKのアナウンサーのみな
さんは、手元の原稿を読まずにお話されることで有名ですが、実は原稿を丸暗記されているわけではなく、天井に原稿を映すカメラがあり、そこで写した原稿の画像がカメラと一体となったモニタに表示される仕組みになっています(白い箱のようなものがそれ)。5mほどはあろうか、という天井から写しているのに、その原稿の鮮明さには驚きました。

今回の放送を通じて、保津川の魅力や問題を少しでも多くの方に知っていただければ、と思いました。最後に、お世話になったみなさま、ありがとうございました。

(H)

chevron_left  chevron_right