プロジェクト保津川

4月15日(日)、第52回定例清掃会を開催しました!

2012/04/15

Dsc_0068

今日(4/15)は、毎月恒例の定例清掃会を保津町の保津川と七谷川の合流点付近で開催しました。この場所は、1月の定例清掃会を行なった場所ですが、あまりのゴミの多さに途中で断念せざるを得なかった場所。今回はそのリベンジです!

Dsc_0003

毎年4月からは夏時間ということで集合時間が1時間繰り上がり、午前7時45分になりました。朝早い時間にも関わらず、遠くは大阪市や西宮市からも、総勢49人の方がご参加くださいました。ありがとうございます!

Dsc_0007_2

最初に副代表の豊田よりご挨拶。で、いつもはここで全員の集合写真を撮ることになっているのですが・・・、スミマセン、うっかりしていました!!せっかく朝早くからお集まりいただいたのに、申し訳ありません。

Dsc_0010

さて、手に手に土嚢袋と火ばさみをもって、出発です!

田んぼが青々としているのは、ビール用の大麦。麦秋という言葉があるように、初夏に借り入れを迎えます。麦の穂が黄色く色づくころ、ここからちょうど夕日を眺めることが出来るのですが、まさに "Field of Gold"。素敵な眺めですよ!

Dsc_0024

Dsc_0032

Dsc_0033

さて、河川敷はもう唖然茫然、びっくりするような不法投棄の山。テレビ、タイヤ、冷蔵庫、ベッド、布団・・・。そして洪水時には水に浸かる木々には大量のレジ袋やマルチシート、肥料袋。

Dsc_0049

この写真に写っている一角だけで、わずか1時間足らずの間に、2tトラックに満載のゴミが見つかりました。

春になって、草木が芽を出してきましたが、この時期を逃すと冬まで徹底的な清掃は出来ません。みなさんのお力があってこその清掃活動ですが、それにしても捨てた人の顔を見てみたいものです。つくづく、「捨てない」モラルを訴えるのと同時に、「捨てさせない」社会的なシステム作りが必要だなあ、と感じました。

Dsc_0048

Dsc_0059_2

Dsc_0062

Dsc_0055

Dsc_0078

今回は市役所の清掃車両も出動していただきましたが、個人の軽トラも提供いただき、回収にあたりました。土手の法面にも大小さまざまなゴミ、効率的に回収できるのも、みなさんの善意のおかげです。

今日、回収できたゴミは、20Lの土嚢袋に120袋。そのほか、粗大ごみも2tトラックに2台半以上ありました。かさ容量は目算で6トン!(トラック3台分)。喜んでいいのやら、悲しんでいいのやら、リベンジにふさわしい?成果となりました。

Dsc_0074

今回のふるまいは、亀岡の特産の丹波大納言小豆のタルト。疲れた体に優しい甘さ、大人気であっという間に無くなりました!

今回も大勢の方にご参加いただきました。地元・保津町のみなさまをはじめとした個人参加のみなさんをはじめ、かめおか作業所、日本メンテナンスエンジニアリング、BIG SMILEラフティング、保津川遊船、亀岡市文化資料館のみなさんにもご参加いただきました。ありがとうございます!

さて、来月は保津川のシンボル・フィッシュである国の天然記念物「アユモドキ」の産卵シーズンを前に、川を大掃除します。また、来月の清掃会は、世界一の燃費を誇るトヨタの新しいハイブリッドカー「AQUA」が全国で展開する TOYOTA AQUA SOCIAL FESとのコラボレーション企画もあります。

新緑の美しいフィールドで、生き物教室も開催します。お楽しみに!

chevron_left  chevron_right