プロジェクト保津川

「保津川ゴミマップ」が新聞で紹介されました!

2009/01/19

<<追記>>
=====
保津川ごみマップはこちら
http://map.hozugawa.org/

=====

002

プロジェクト保津川が進めている「保津川ごみマップ」が、19日付の朝日新聞で紹介されました。

不法ゴミ対策 ITマップ 観光地清掃に効果

観光地や景勝地に不法投棄されたごみの位置を載せた「ごみマップ」を作り、インターネットで公開する動きが広がっている。全地球測位システム(GPS)付きの携帯電話でごみの写真を記録したり、足で稼いだ分布図を作ったり。清掃活動に効果をあげている。

京都・保津峡。京都府亀岡市から嵐山(京都市)までの川下りを年間30万人が楽しむ景勝地だが、観光客らが捨てたペットボトルが河原に転がり、レジ袋が流木に引っかかるなど環境悪化が進む。

NPO法人「プロジェクト保津川」は昨年7月、ネット上で「保津川ごみマップ」の試験運用を始めた。地図は検索大手の地図サービス「グーグルマップ」を利用。会員が携帯電話のカメラでごみを撮影し、GPS機能で位置情報を確認して保存。ごみの量や種類のデータも付けてパソコンから送信すると、地図に写真とごみ情報が載る。

同法人は、集めた「ごみ情報」をもとに月1回のペースで一斉清掃をしている。法人副代表の原田禎夫・大阪商業大准教授は「ごみの場所を特定しないと効率的な清掃は難しく、目印が少ない川べりなどではGPS情報が有効だ」と話す。

世界遺産をめざす富士山も、ふもとなどに不法投棄された大量のごみに悩む。NPO法人「富士山クラブ」は04~07年、会員約20人がGPS携帯電話を利用して、3千カ所のごみの位置を記録したネット地図を作った。確認したごみの量は4年間で計約330トンに達し、これまでに100トン余りを撤去した。

環境省が設置し、運営する民間組織が四国の環境情報を発信する「四国EPO(エポ)」(高松市)は07年末から、四国八十八カ所霊場の遍路道沿いの7地域で不法投棄されたごみの分布を調べ、ホームページで公開。住民らによる自発的なごみ撤去を促すのが狙いで、ボランティア募集のチラシの例などもつけた。

昨年7月に追跡調査をし、実際に住民や自治体が協力してごみを処分した愛媛県や高知県の例も含めて「地図効果」を公表した。四国EPOの池田幸恵所長は「お遍路道のごみは増えているが、行政の手が回らない道もある。四国伝統の『お接待』の精神で、住民がごみにも気を配ってほしい」と話す。

植田和弘・京都大学大学院教授(環境経済学)の話
今後、小回りの利く地域住民がごみのデータを蓄積して公開したり、ごみの種類や量を企業などに伝えたりすれば、不法投棄を防ぐ圧力にもなるだろう。ただ、ごみの撤去費用は本来、排出者や投棄した人が負担すべきであることも忘れてはならない。

「保津川ごみマップ」は、現在、春頃の本格運用を目指して開発作業を進めています。「どこに、どんなゴミが、どれくらい」あるのか?、ちゃんと把握した上で対策を立てないと、いつまでたっても、次から次から流れてくるゴミといたちごっこの状況が続きます。ぜひ、みなさんも、身の回りのゴミに関心を持ってください!

(H)

chevron_left  chevron_right