プロジェクト保津川

富山・氷見で「Tenmatch天馬櫓こぎ大会」に参加しました その2

2009/09/04

Dsc_0047

さて、いよいよレースの始まりです。ご覧ください、この大勢のギャラリー!実は40年ぶりに復活したこの木造の天馬船は、市民のみなさんからの寄附で作られているのです。そういう地道な取り組みがあってこそ、イベントって盛り上がるんだなあ、と、当たり前のことながら勉強になりました。

さてさて、レースの模様はいかに?

Dsc_0056

初級・中級の部では漁師さんたちのサポートがつきます。実はこの「櫓」は、固定されているわけではなく、ちょっとでも気を抜くとすっぽり外れ落ちてしまいます。リズムをつかむまでが一苦労、でもみんな楽しそうなんです。

Dsc_0062

慣れないうちは方向のコントロールも大変、係留してある船の中に突っ込んでしまって大爆笑。スタッフの方は大変ですが、それもまた楽しいものです。

Dsc_0065

レースに出る人、レースを見る人。昔、船に乗っていた人も、そうでない人も、船を見ながらわいわいがやがやと話に花が咲きます。昔はこんなだった、あんなだった、人々の記憶もよみがえってくるのでしょうか。年配の方には懐かしい風景と音、若い人には新鮮な風景と音。

Dsc_0075

大きな旗を振ってゴールの合図。漁師さんたちもスタッフとしてイベントを盛り上げます。

Dsc_0071

「私、何位だった?」「う~ん、残念!」

Dsc_0078

Dsc_0083

ほんとうに、ゆったりとした楽しい時間が流れていました。肩の力が抜けた、とでもいいましょうか、みなさんが本当にイベントを楽しんでおられる、当たり前だけれどもそのことが新鮮な驚き、といいましょうか、私たちも保津川でこんなイベントをしてみたいなあ、とつくづく思ったのでした。

さて、いよいよ次は中級の部、私たちの出番です!(つづく)

chevron_left  chevron_right