プロジェクト保津川

保津川さくら便り(6)

2009/04/01

01

保津川さくら便り第6弾!

3/31(月)からだんだんと「寒の戻り」もおさまり、だんだんと春の陽気に包まれてきた保津川。桜も目を覚まし、春の彩りに染まってきました。

Photo

トロッコ保津峡駅付近に咲く「八重桜」。どこか「染井吉野」とちがって派手でちょっとチャーミングな桜ですね。そのとなりには若葉の中に咲く「十月桜」。四季を通して2度咲く桜(総称:冬桜)です。3月末から4月、そして10月末から12月にかけて咲きます。なんかおもしろいですね。

Photo_2

保津川と清滝川の合流点「落合」付近の「ヤマザクラ」。山里にたたずむヤマザクラがひっそりと春を告げる。 なにか日本の美、京の美意識を感じずにはいられません。

02

そして、このブログでおなじみの「さくら谷」。ほぼ満開。川面を見ると桜の花びらが流れていました。もう少しすると「花筏」が見られるかもしれません。そっと川溜まりに目を向けるとそんな情景も・・・。

Photo_3

渡月小橋付近の松尾大社の境外摂社「檪谷(はしりた)神社」の花模様。

さあ、今週末には嵐山の桜は見頃を迎えると予想されます。しかし週末の天気がちょっと心配です。

春雨の中の花見もまた一興・・・かな。

(K)

chevron_left  chevron_right