プロジェクト保津川

牛松山調査登山

2014/09/16

10月18日(土)に、「保津川下りの船頭さんと行く丹波富士『牛松山』登山」を開催します。

詳しくは、こちら

その調査と準備のため、当日ガイドを担当してもらう保津川下りの船頭さんであり、
プロジェクト保津川の理事でもある豊田さんといっしょに保津町にある牛松山へ登りました。

Img_0436

正面の山が牛松山です。標高629mあります。

Img_0613

牛松山の入口です。鳥居があります。

Img_0615

牛松山は駅から近いわりに本格的な登山感覚が楽しめるということで、登山家やハイカーに人気の山です。

登り始めてすぐの光景です。いきなり急斜面が続きます。

Img_0620

途中、途中にこのような石の標識があります。1丁は、だいたい110mだそうです。
頂上は、十八丁目にあります。
距離と時間の経過を知るために、順番に写真を撮りながら登りましたが、
いくつかの標識は見逃してしまったのか見つかりませんでした。

もしくは、無いのかもしれません。

Img_0624_2

途中、亀岡市内が見える場所が2ヶ所あります。登山中の休憩場所に使えそうです。

Img_0634

京都側が見える場所も1ヶ所あります。真ん中の小さくて細長いのが京都タワーです。
ここも休憩に使えそうです。

Img_0642

最後の最後の方もなかなかの急斜面です。

Img_0645

鳥居が見え来ました。頂上まであと少しです。休憩も入れて、おおよそ1時間の行程です。

Img_0658

頂上には、金毘羅さんがあります。なんのため?

Img_0650

休憩所には、保津川遊船さんが奉納された船が飾られていました。なぜだろう?

10月18日(土)に開催する「保津川下りの船頭さんと行く丹波富士『牛松山』登山」

ガイドは、保津川下りの船頭さんです。

牛松山と保津川下り船頭さんには、深いつながりがあります。

お話を聞きながら、牛松山を登ります。

下山後は、保津町内にある「保津」の名水を使うお豆腐屋さんと創業120年のお醤油屋さんも訪問します。

船頭さんのガイドで、秋山登山を楽しみましょう。

お申し込みは、こちらから

chevron_left  chevron_right