プロジェクト保津川

京丹波・琴滝の冬ほたる

2008/12/20

Dsc_0019

あちこちでクリスマス・イルミネーションが華やかに催されていますね。今夜は京都府の真ん中、京丹波町の琴滝で開催されている「冬ほたる」に行ってきました。

Dsc_0001

今年で4年目となる、琴滝の冬ほたる。すっかり有名になり、京都縦貫道・丹波ICの出口から2kmにもおよぶ大渋滞です。琴滝は山中にあり、道路が
狭いために途中交互通行になっていることもあり、長~い渋滞。この週末からクリスマス・イブにかけてはさらなる渋滞が予想されます。

Dsc_0003

いつ動くともわからない渋滞に並ぶのも馬鹿らしいので、行列を脱出して近くの道の駅・丹波マーケスに車を停めて歩いたのですが、これが大正解!往復しても歩いた方が早かったです。私たちと同じころに行列に並んでいた車の方は、私たちが帰る頃にやっと駐車場に入る、といった具合でした。オマケに冬の澄み切った夜空の星々を眺めながらのちょうど良い散歩、これから訪ねてみよう、という方は、ぜひぜひ徒歩をお勧めします。

Dsc_0007

さて、会場につくと・・・。息を呑むような風景が広がっています。光の海の中を歩いている気分。なんというのでしょう、夜光虫が群れる海の中ってこんな感じなのかなぁ、とか、そんな不思議な感じがします。

Dsc_0015

谷川に沿って無数のLEDが敷き詰められていて、川の流れ、そして海を表現されているとか。ところどころに、まるで本物の蛍のように点滅する緑色のLEDがあったりして、それを探すのも一興です。

Dsc_0083

Dsc_0061

Dsc_0030

ゆっくりと、イルミネーションを眺めながら歩く人々が黒いシルエットになって、なんとも不思議な雰囲気です。

Dsc_0020

そして、ゴールには琴滝にかかる13本のイルミネーション。まるで琴のような美しさから名付けられた「琴滝」、全高43mの一枚岩を流れ落ちる滝には琴の13本の弦をイメージした、巨大な光の帯は圧巻です。1本の「弦」には1,000個のLEDが使われていて、この滝だけで1万3千個のLEDが使われていることになります。

Dsc_0021

そして今年は新たに滝壺を鏡に見立てて、滝壺に写るイルミネーションと滝壺の上に設けられた赤い光でクリスマスツリーを表現されたとか。なるほど!と思うアイデアです。

Dsc_0074

全長200mの谷川沿いには全部で35万個のLEDが配されているそうです。そしてこれら一つ一つは、地元の有志の人たちで作る「NPO法人 丹波みらい研究会」の人々によって作られたものなのです。私たちプロジェクト保津川と同じく、京都府の地域力再生事業の支援も受けて行われているイベントで、南丹広域振興局の地域力再生事例集でも、私たちの「保津川筏復活プロジェクト」と一緒に紹介していただいているということもあって、親近感もわきます。

Dsc_0094

もともと、ゴルフ好きのみなさんの集まりだったそうで、「これからは、わしら民間からまちづくりをせなあかんのと違うか?」という一言で始まったこのイベント、最初は滝のまわりの清掃から、そしてあの平成16年の台風23号で琴滝が大きな打撃を受けたときも、皆さんが手弁当で集まって復旧工事を行われたそうです。そしてその活動が、「冬ほたる」につながったのだそうです。

Dsc_0049

坂道の途中に設けられていたコーヒーショップ。山小屋のような小さな小屋、これもスタッフのみなさんの手作り。簡単に組立・解体できるものだそうで、この冬ほたるのときだけ登場するそうです。お店を担当されていた方も素敵な方でした。聞けば、知り合いや家族の皆さんがボランティアで交代で来られているそうです。

Dsc_0095

ふもとにはプレハブ小屋を使った屋台兼休憩所が設けられていました。これも地域のみなさんによる運営です。地元特産の丹波大納言を使ったおぜんざいなんかもありましたよ。

Dsc_0098

募金箱には、こんなメッセージが。

冬の寒い季節に蛍が光るわけがない。
冬の寒い琴滝に人が来るわけがない。

『わけがない』を『わけがある』に

丹波みらい研究会には
我がふるさと、京丹波を盛り上げる『わけがあります。』

今、世界中が突然の不況の荒波に襲われ、寒い寒い冬となりました。「景気対策だ」という掛け声のもと、またぞろバラマキが始まろうとしています。その結果、日本の国と地方を合わせた借金(公債残高)の合計は来年度末には800兆円を超え、国民1人当たり455万円という状態になるとか。財政状況は先進国の中でも断トツで最悪の水準です。

今こそ日本に、特に疲弊したといわれている地方にこそ必要なのは、「できるわけがない」という諦めなどではなく、一人一人が「このままではいいわけがない」と知恵を出し合い、助け合うことではないでしょうか。

Dsc_0103

工事現場で使う照明を使った足もと灯。温かな光があたりを柔らかく照らしだします。

Dsc_0106

たしかに細かいことをいえば、いろいろと足らない部分もあるかもしれません。でも、LEDの冷たいはずの光が温かく思えたのは何も錯覚などではなく、ボランティア・スタッフをされていた地域の皆さん1人1人の気持ちがこもっていたからだと思いました。歩いてやってきた私たちに、「暗いから足元に気をつけてね」と声をかけていただいたり、渋滞でイライラしているであろうドライバーのみなさんに「長いことお待たせしてすみません」と謝っておられたり、都会的なスマートさはないかもしれないけれど、一人一人のスタッフのみなさんの温かい心遣いが感じられる、素敵なクリスマス・プレゼントをいただいたような気がしました。

Dsc_0107

23日・24日には、オカリナやハンドベル・クワイアのコンサートもあるそうです。みなさんもぜひ、お越しください!

琴滝イルミネーション 冬ほたる2008

  • 場所      京都府船井郡京丹波町市森 琴滝公園
  • 開催期間     2008年12月13日(土)~12月24日(水)
  • 時間     17:00~22:00
  • 入場料 : 無料(但し駐車場協力金として500円、食券を兼ねています)

(H)

chevron_left  chevron_right