プロジェクト保津川ブログ
「保津川のほとりから」

プロジェクト保津川の活動や、保津川の「いま」をお届けしています。

桂川流域クリーンネットワーク定例会議に出席

2011/08/26

毎月第4木曜日は、来年の2月19日(日)に開催する桂川クリーン大作戦に向けての会議(長岡京市バンビオ市民活動サポートセンター)にプロジェクト保津川からも参加しています。

下流域からは、大山崎、淀、桂、太秦、西大路、北区からも参加されております。

桂川流域クリーンネットワーク委員会の核になる皆さんは、会社を定年された方が多くこのボランティア以外にも野鳥の会やサイクリング協会、地元で桂川を保全される活動など様々な場所でご活躍されており、その中で淀や桂で河川レンジャーで活動されていたお2人とお知り合いになり、桂川を愛する思いから広がった清掃活動です。

4年目で3000人近くの方が参加して下さるまでになり、1年に1度の清掃活動ですが、準備は1年前から実施しております。

現在は、第5回目となる来年2月の開催に向けてのパンフレット作成を行っている最中です。

今後の課題は、桂川は下流から大山崎町、京都市、向日市、長岡京市、亀岡市、南丹市、また京都市と広範囲に続き各市町村とが連携をしなければ、下流域だけで活動をしていてもなかなか綺麗な桂川になるものではありません。

今後広がりをみせるためには亀岡市、南丹市で活動して下さる団体さんと出合わなければなりません。

桂川クリーン大作戦が、上流の京都市右京区京北町から下流域の乙訓郡大山崎町まで繋がる日までには、もう少し時間が掛かるかも知れませんが、一つでも多くの団体さんや企業さん、個人の方に参加して頂けるよう活動して参りたいと思います。

どうぞ、皆さんのご参加を宜しくお願い致します。

保津川下りとトロッコ列車に被災地のみなさんをご招待

2011/08/25

291182_145939685494127_100002342885

被災地より亀岡市内へ避難されているお子さんとそのご家族が、篠町自治会まちつくり推進会の招待で保津川下りと嵯峨野トロッコ列車の旅を楽しまれました。

(さらに…)

手ぶらで帰るBBQ グループたち

2011/08/23

P1010937

保津川遊船さんのブログにも掲載されていますが、この8月だけで軽トラ3台分のBBQゴミが放置(不法投棄)されました。

プロジェクト保津川でも、毎年ゴールデンウイークには早朝よりBBQゴミ撲滅の清掃を実施している場所。

そんな保津大橋の直下でBBQを楽しみ、そしてゴミを放置(不法投棄)して帰る者が後を絶ちません。

それを、普段から河原を利用されている事も有り船頭さん達がいつも清掃をされています。

そんな苦労を知ってか知らずか、清掃をされた綺麗な場所を来た時よりも汚して帰る者が多い事に頭を痛めておられます。

昨年度には、啓発の看板も京都府南丹土木事務所さんにより設置して頂いた場所にも関わらず、その横にあざ笑うかのようにBBQゴミを放置(不法投棄)して帰るグループが後を絶ちません。

BBQゴミを不法投棄して帰るだけに止まらず啓発看板をも破壊して帰る集団まで続出する始末。

このままでは、警察、行政、自治会、漁協、遊船等と協議し入り口にバリケードをする策を講じた方が良いのか?

もう、モラルだけに頼るやり方はこの地域には通用しないのか?

そう感じずには居られない状況が毎年保津大橋直下で起こっています。

何とか解決したい問題の一つです。

このゴミ処理に掛かる費用は言うまでもなく税金なのです。

ルールを守って誰もが保津川で自由にBBQを楽しみ、河原へ行き来出来る環境を残したいものですね。